最近のトラックバック

サイクリング大阪北部コース

2014年10月16日 (木)

#19 なにわ自転車道

Imgp7285

10月15日

台風19号も通過してしまい、秋晴れの日が続くようになりました。今回は大阪市北部の「なにわ自転車道」を走ってみました。写真は豊里大橋です。
 
Imgp7284

豊橋大橋の北側、淀川河川公園がスタートです。
 
Imgp7286
 
Imgp7289

11:00 豊里大橋駐車場をスタートして淀川と神崎川の分岐近くの、江口橋を西に進みます。
 
Imgp7287

「なにわ自転車道」はこの時初めて知りました。

Imgp7288
 
Imgp7294
 
Imgp7290
 
舗装された道路が川辺についています。

Imgp7295

神崎川の番田水門です。
 
Imgp7296

Imgp7297

コースには多くの案内板や休憩用のベンチが設置されています。

Imgp7299

亀岡市の山を水源とする安威川(あいがわ)と神崎川が合流する高浜橋です。

Imgp7300

11:45 こちらでお昼です。

Imgp7303

Imgp7304

JR東海道本線の鉄橋をくぐります。
 
Imgp7305
 
3つの鉄橋が並行して架かっています。

Imgp7308

Imgp7307

Imgp7306

Imgp7309

秋の花もたくさん咲いています。
 
Imgp7310

Imgp7311

12:45 神崎大橋を左折します。
 
Imgp7291

Imgp7312

吉野1丁目を左折。
 

Imgp7313

浄正橋を右折します。「浄正橋」はガイドブックには「浄土橋」と記載されていました。

Imgp7314

13:35 中央公会堂です。

Imgp7315
 
難波橋を渡ります。

Imgp7316

北詰にあるライオン像(西側)。

Imgp7317

東側のライオン像です、少し違っていますね (*^-^)

Imgp7318

こちらは毛馬・桜ノ宮に渡る川崎橋です。

Imgp7319
 
Imgp7320_2

大阪城も小さく写りこみました。

Imgp7321

水陸両用のダックツアーです。梅田発着で料金は¥3700です、観光バスのコースの一部として川を航行するようですね。

Imgp7323

Imgp7324

森林公園のような川辺です。

Imgp7325

毛馬の閘門(こうもん)です、淀川と大川(旧淀川)の水位を調整し、船舶の通過に役立っています。

Imgp7326

舟の通過は撮影できませんでした。
 
Imgp7327
 
こちらは淀川大堰です。上水道や工業用水道への給水が主な目的のようです。

Imgp7328

東側には菅原城北大橋が見えます。

Imgp7329

アオサギがいました、かわいいです。

Imgp7330

今回は城北公園で旅の終わりです。詳細は「山とカヌーの休日 タウンサイクリング」で別記事で公開しています。

Imgp7331

Imgp7332

14:50 紅葉が始まりかけた公園を後にします。

Imgp7333

16:39 帰り着きました、本日走行距離は107.25kmです。自宅出発からの行動時間は約9時間ほどになりました。なにわ自転車道、次回は始点から終点までの全コースを辿ってみたいですね。
 
「クロス31文字」
 
淀川と 神崎川を 巡る旅 
 
 川辺を走る 大阪の秋

2014年9月15日 (月)

#16 服部緑地公園

Imgp6895

9月12日

青い空が広がり、良い天気になったので豊中の服部緑地公園に行くことにしました。8:10 大和川を越えます。
 
Imgp6896

8:45 谷町9丁目交差点です。
 
Imgp6897

9:00 東天満を通過します。

Imgp6899

9:10 長柄橋手前の鶴満寺公園で休憩です、ここまで1時間40分かかりました。
 
Imgp6900
 
Imgp6901
 
Imgp6902

9:20 長柄橋から淀川を渡ります。
 
Imgp6903

9:55 十三から176号線に入り庄内東町6を北上します。鉄橋は阪急宝塚線のものです。
 
Imgp6904

10:05 曽根交差点を右折して、公園に向かいます。

Imgp6905

Imgp6906

10:12 公園に到着です、片道2時間40分です。

Imgp6907
 
Imgp6908    

自転車も入場できます。

Imgp6911

公園の中央にある時計塔です、鏡面仕上げの美しい塔です。
 
Dsc05691

北側の森に小さな池があります。
 
Imgp6913
 
数分間隔で池に設置された噴水が水のカーテンをつくってくれます。

Dsc05695

Dsc05698

薄い虹のような感じです。
 
Dsc05702

Dsc05700

Dsc05713

中に入ってみます。
 
Dsc05714

天井にはステンドグラス。
 
Dsc05715
 
内側から見た噴水です。
 
Dsc05716

涼感を呼ぶきれいな噴水でした。
 
Dsc05720
 
Dsc05718

こちらは花壇の中にある噴水ですが、水は出ていませんでした。

Dsc05721

青空と花の中の噴水を見たかったですね。
 
Imgp6914

こちらは東中央広場です。

Imgp6916

噴水を見ながらランチです。

Imgp6917

Dsc05726

噴水の彫像は「白昼夢」と名付けられていました。

Dsc05744

青空に上がる純白の花火みたいですね。
 

Dsc05734

中心にある大きな塔。
 
Dsc05727

Dsc05752

正面のアーチ。

Dsc05754

細い柱のような像
 
Dsc05735

Dsc05736
 
Dsc05747
 
ホースで水をかけようとしている少年。

Dsc05729

Dsc05737

Dsc05746

大きく口を開けた魚。
 
Dsc05750

Dsc05753

Dsc05756

植木鉢の枝にとまる鳩。

Dsc05743


Dsc05751

像の意味するものが少し分かりにくいですね。

Imgp6921

大きな池に水草が一面に茂っています。
 
Imgp6922

珍しく蓮の花が咲いていました。 
 
Dsc05760

Dsc05766

Dsc05761

大きく美しい花でした。
 
Dsc05767

蓮の葉のプールですね。
 
Imgp6923

公園を後にします。
 
Imgp6924
 
帰りは479号線(内環状線)を走りました。

Imgp6925    

豊里大橋。

Imgp6926

大和川を越え松原へ。

Imgp6927
 
阪和道下の下黒山を通過します。
 
Imgp6929    

午後5時ごろ帰着です、走行距離は89.18kmになりました。
 
「クロス31文字」
 
 碧空に 白い花火を 打ち上げて
 
  秋を呼び込む  午後の噴水

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

クロックリンク

フォト