« しまなみ~佐賀関の旅 ⑦稲積水中鍾乳洞 | トップページ | しまなみ~佐賀関の旅 ⑨フェリーさんふらわあ »

2018年9月19日 (水)

しまなみ~佐賀関の旅 ⑧昭和館その他

Wg4_5898

9月10日
鍾乳洞の出口は、「昭和の町通り」という、その当時の様々な街風景やお店、品物が並んでいる空間になっていました。

Dsc00441_2

入口では、ゴジラに似たフィギュアが迎えてくれました。

Dsc00442

雰囲気のあるのれんです。

Dsc00443

いきなりネオン街になります。

Dsc00445    

映画のポスター、写真が並びます。

Dsc00450

私が小学生のころ(昭和30年代)にはプラモデルがよく流行して、作るのが楽しみでした。今では扱っているお店も、あまり見かけることは少なくなりました。

Dsc00452

Dsc00454

Victrolaは、日本ビクター(現JVC)を設立した、ビクタートーキングマシンが作った蓄音機の名前です。

Dsc00457

戦艦の模型です。

Dsc00458

ウルトラマンやミニカーがたくさん展示されています。

Dsc00459

そのころのおもちゃさん、駄菓子屋さんです。

Dsc00463

紙製の飛行機、よく飛ばしました。

Dsc00464

日光写真です、今の感光紙を使った簡単なおもちゃでした。

Dsc00468
  
初期のテレビが普及した頃の居間風景です。

Dsc00461

ほぼ「3丁目の夕日」の時代ですね。カラーテレビはまだ夢の時代でした。

Dsc00466

Dsc00472

こちらが出口です。

Dsc00473

エルビスプレスリーとマリリンモンローの見送りです。

Dsc00477

Dsc00478
  
全景です。

Dsc00490    
 
Dsc00481

大きなドラゴンがいます。

Dsc00492

Dsc00503

「天空洞」小さな洞窟です。

Dsc00502

Dsc00500
 
Dsc00501
 
Dsc00497

たくさんの石像が並んでいました。

Dsc00507

高さ22mの昇龍大観音です。

Dsc00514

巨大な龍が迫ろうとしています。

Dsc00511

Dsc00510

しまなみサイクリングで御会いしたような、元気な七福神に送られ鍾乳洞を後にしました。
次は最終回の「フェリーさんふらわあ」です。

« しまなみ~佐賀関の旅 ⑦稲積水中鍾乳洞 | トップページ | しまなみ~佐賀関の旅 ⑨フェリーさんふらわあ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しまなみ~佐賀関の旅 ⑦稲積水中鍾乳洞 | トップページ | しまなみ~佐賀関の旅 ⑨フェリーさんふらわあ »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ