2018年1月31日 (水)

街道歩き (6)東高野街道 [7]富田林~河内長野(最終)

Dsc09339

1月19日
東高野街道も最後の区間になりました、残りは河内長野駅までです。

Dsc09340

13:40 多くの電柱に案内板がある街を歩きます。

Dsc09341

歴史は古く天保年間(1832年)から営業されているお店です。現在では事務用品、オフィス家具、ギフト、業務用砂糖を販売されています。

Dsc09342

寺内町になりますが、歩行用の地図を作る時に気が付かず迷いました。

Dsc09343

きれいな眼科医院の建物です。

Dsc09344_2

同じ雰囲気の建物が並ぶので、自分の位置が分からなくなります。

Dsc09345

Dsc09346

PLタワーはここからも見えます。

Dsc09347

寺内町の案内板です。

Dsc09349

火の用心の石碑がありました。

Dsc09348

Dsc09350

観光ではないので先を急ぎます。

Dsc09351

四条畷で現れた、旧東高野街道の表示です。新の説明板がないと分からないです。

Dsc09352

分かりやすい指示板が六甲全縦のように付けられています。

Dsc09353

白い土蔵の通りです。

Dsc09354

Dsc09355

14:15 近鉄長野線川西駅を通過します。

Dsc09356

高架を越えると路地や住宅街が現れ、迷い込みそうな街並みになります。

Dsc09357_2

Dsc09358

309号線を歩道橋で渡ります。

Dsc09359

Dsc09360

歩道橋を越えると道は広くなり、きれいな家屋が立ち並びます。

Dsc09361

Dsc09363

道路を渡る部分では矢印が隠されていました。

Dsc09365

街角の案内板です。

Dsc09367

近鉄電車が通ります。

Dsc09368

Dsc09369

あとは170号線に沿い、河内長野駅に向かいます。
  
Dsc093701

道路の向こうに東高野街道の一里塚がありますが、交通量が多いので危険でした。

Dsc09370

トリミングしましたが文章は読めないですね。

Dsc09371

14:55 河内長野市に入りました。

Dsc09372

Dsc09373

15:05 汐ノ宮駅です。

Dsc09374

こちらで170号線を外れます。

Dsc09375

Dsc09376

汐ノ宮駅に向かう線路です。

Dsc09377

15:30 菊水町の鉄橋です、手前が近鉄長野線、奥が南海高野線になります。
  
Dsc09378

Dsc09380

まもなくゴールです。

Dsc09381

終点の商店街が見えて来ました。

Dsc09382

Dsc09383

15:35 西高野街道で去年到達した、河内長野駅に着きました。京都・八幡から約56kmのエンデイングです。富田林からの距離は8km、2時間で歩けました。後半スタートの瓢箪山駅からは約27km、7時間15分でした。
  
Dsc09384

Dsc09387

残りは中高野街道と、ここから高野山までの高野街道になります。

Dsc09386_2

Dsc09388

Map3

東高野街道シリーズ全7回のリンクです。
 
 [1]御幸橋~円福禅寺

 [2]円福禅寺~郡津

 [3]郡津~寝屋川

 [4]寝屋川~瓢箪山

 [5]瓢箪山~安堂

 [6]安堂~富田林

 [7]富田林~河内長野(最終)



「アウトドア31文字」

  八幡から 大阪縦に 突き抜けて

      高野に至る 空海の道
 

«街道歩き (6)東高野街道 [6]安堂~富田林

最近のトラックバック

« 2018年1月 »

 
1
2
3
4
5
6
Kimg1198_3
7
Wg4_4571_2
8
Kimg1240
9
Wg4_4658
10
Kimg1269
11
12
Dsc09014
13
14
Dsc09068
15
16
Wg4_4723
17
Dsc09094
18
19
Dsc03043
20
Wg4_4761
21
Wg4_4831
22
Wg4_4769_2
23
Dsc09114
24
Dsc09153
25
Dsc09195
26
Dsc09223_2
27
Dsc09262
28
Dsc09293_2
29
30
31
Dsc09339
     

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク