« 街道歩き (5)紀州街道 [2]県境~鶴原駅 | トップページ | 街道歩き (5)紀州街道 [4]大津川~大和橋 »

2017年12月16日 (土)

街道歩き (5)紀州街道 [3]鶴原駅~大津川

Dsc02717

12月7日
紀州街道2日目は鶴原駅~大阪・高麗橋の約36kmです。鶴原駅は7時45分のスタートでした。
  
Dsc02720

7:55 204号線鶴沢橋南を左側の道に入ります。

Dsc02722_2

8:05 64号線を横断します、左に行けば二色浜公園に出ます。

Dsc02723

貝塚市のマンホールです。

Dsc02724


Dsc02725
  
8:10 近木川に架かる永久橋を渡ります。

Dsc02727

8:15 脇浜西1丁目で64号線を横断します。

Dsc02730

Dsc02731

閉鎖されています。

Dsc02734

8:30 貝塚市西町の歩道橋です。

Dsc02735
 
204号線をしばらく歩きます。   

Dsc02739

Dsc02741

Dsc02742

8:40 堀新交差点で側道に入ります。

Dsc02744

Dsc02745

昭和のような銭湯です。

Dsc02746

大正時代に開業した寺田紡績(テラボウ)の建物です、現在は合成樹脂の製造をしているようです。映画「岸和田愚連隊」のロケ地になっていました。

Dsc02747

きれいな煉瓦造りの建物でした。

Dsc02748

8:45 津田川河口付近の岸見橋を渡ります。

Dsc02749
   
きれいな青空です。   

Dsc02750

左岸はテラボウです。

Dsc02751

Dsc02752

橋を渡れば公園があります。

Dsc02753

Dsc02756

9:05 岸和田市に入りました、蛸地蔵です。

Dsc02759

久しぶりに紀州街道の文字が現れました。

Dsc02761

Dsc02762

古くからの農具も置かれています。

Dsc02763

Dsc02765

岸和田城の西側になります。

Dsc02767
  
観光スポットのようになっています。

Dsc02768    

Dsc02770

いつもは車や自転車ですぐ隣の204号線を走っているところです。

Dsc02773

Dsc02774

風景に溶け込む郵便局です。

Dsc02777

レリーフ入りの郵便受けです。

Dsc02781

Dsc02782

眼鏡屋さんに船が飾られていました。

Dsc02783

Dsc02786

仏壇屋さんの店頭に立つ銅像です。

Dsc02789

Dsc02792

明治時代に建てられたレンガ工場跡です。キリスト教のセントアンドリュースクロスを意味するX印が社章として使われ、レンガ塀の中央に埋められています。

Dsc02793

Dsc02795

Dsc02798

9:55 春木川の永守橋に着きます。

Dsc02799

完全にコンクリート舗装されています。

Dsc02800

Dsc02802

東芝のマスコットキャラクターの、光速エスパーのモデル人形です。1960年代にテレビドラマが放送され、漫画本も販売されたようです。

Dsc02808

お店の店先では、ボンネットが花壇になっていました。

Dsc02811

10:40 大津川を渡る楯並橋に着きました。

Dsc02812

紀州街道を行く行列が描かれていました、前半の終わりです。

Map2

Map1

前の記事 [2]県境~鶴原駅

« 街道歩き (5)紀州街道 [2]県境~鶴原駅 | トップページ | 街道歩き (5)紀州街道 [4]大津川~大和橋 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 街道歩き (5)紀州街道 [2]県境~鶴原駅 | トップページ | 街道歩き (5)紀州街道 [4]大津川~大和橋 »

2020年9月

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ