« 百済川下見 | トップページ | 春の葛城山2017 (2)山頂のお花畑と下山 »

2017年5月 4日 (木)

近江八幡~琵琶湖大橋(往復)

Kimg0356

5月2日

沖島を望む休暇村近江八幡です、今回は琵琶湖大橋までのコースを漕いでみました。
 
Wg3_8620

7:10 少し風のある浜を出艇して、沖島を眺めながら進路を西にとります。
 
Wg3_8622

7:45 沖島の西南を過ぎ、湖岸沿いに南下します。
 
Wg3_8624

8:05 長命寺港に近づきます。
 
Kimg0357

8:10 ヨットも係留されている長命寺港に入港です。
 
Wg3_8625

少しの休憩で出発します。
 
Wg3_8630

8:40 藤ヶ崎龍神~佐波江水泳場あたりの風景です、西岸には比良山系の山並みが見えます。

Wg3_8631

8:55 日野川河口です、水の色が変わりました。日野川は鈴鹿山脈の綿向山から流れる全長46kmの一級河川です。橋は湖岸道路に架かる日野川大橋です。
 
Wg3_8632
 
Wg3_8634

9:30 キャンプ場のあるマイアミ浜に到着です。
 
Wg3_8638

ほぼ中間点なので上陸して休憩です。
 
Map1

前半の地図です。
 
Wg3_8637
 
Kimg0360

10:00 マイアミ浜の岬を回り込むと遠くに琵琶湖大橋が見えました。湖上から見るのは初めてなので感動しました。
 
Wg3_8641

10:35 なぎさ公園手前で上陸して、アクションカメラの準備をします。
 
Wg3_8643

川下りではないので、しっかりパドリングすることが必要になり、カメラをつけると漕ぐ力が弱まります。
 
Wg3_8644

なぎさ公園となりの巨大なアーバンリゾートマンションです。
 
Kimg0362

きれいな曲線を持つ琵琶湖大橋が近づきます。
 
Wg3_8646

11:05 橋の東側に着きました、出艇から約4時間かかりました。
 
Wg3_8647

北側に沿って進んで行きます。
 
Wg3_8648

琵琶湖には2001年の春以来何度も来ていますが、この橋に来るのは初めてでした。橋の長さは約1400mあり、最高の高さは26.3mあります。
 
Wg3_8650
 
約20分ほどで、最短距離の琵琶湖横断が出来ました。琵琶湖を横断するのは、2012年の近江八幡~近江舞子から5年ぶり、2回目になります。
 
Kimg0365
 
Wg3_8652
 
道の駅がすぐ裏にあり、こちらからも出艇出来るかも知れません。

Wg3_8653

今回は長距離なので簡単なランチです。
 
Wg3_8655

12:00 帰途に就きます。
 
Wg3_8656

帰りは南側を漕ぎます。 
 
Wg3_8657
 
   
Wg3_8658

東岸から再び北上します。
 
Wg3_8660

なかなか撮れない風景です。
 
Map2

マイアミ浜~ここまでの地図です。帰りはほぼ同じコースを漕いでいます。
 
Wg3_8662

13:25 午後から風と波が強くなり、小休止です。
 
Wg3_8663

ウインドサーフィンをされている方もおられました。風があるとかなりの速度が出ます。
 
Wg3_8664

14:25 遠くに沖島が見え、遠景には伊吹山も姿を現しました。
 
Wg3_8666

15:50 かなり風と波が強まり漕ぐのに苦労しましたが、雨も降らず天気だけは良い一日でした。
 
Wg3_8667

16:20 休暇村の浜が見えて来ました。
 
Wg3_8668

16:25 無事に帰着し上陸しました。帰りは4時間25分かかり、行動時間約9時間15分になりました。距離は地図上の直線距離で片道約15kmです、実際に漕いだ距離は往復で40kmぐらいになると思います。

Wg3_8669_2

ポータブルナビの軌跡です、このままパソコンに取り込めないのが残念です。
 
Wg3_8671

帰りの温泉はクレフィール湖東の至福の湯です。少し田舎道があり分かりにくいところですがきれいな温泉でした。
 
Wg3_8672
 
Wg3_8673


夕食は黒丸PAでちゃんぽんを頂きました、ボリュームがあり美味しかったです。
シーカヤックではなく3.1mの小さなカヤックですが、春の長距離ツーリングを楽しめた1日でした。
 
「アウトドア31文字」

  次々と 大波小波 白波が

    艇に向かって  軽く一礼
























« 百済川下見 | トップページ | 春の葛城山2017 (2)山頂のお花畑と下山 »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

出艇おつかれさまでした。
本文中に記された時刻を拝見してみたところでは、結構長いこと漕いでらっしゃったみたいですね。
それにしても、さすがは琵琶湖!大きいですね~!
所どころの風景はまるで内海かなにかのようにさえ見えます。
梅雨前のこの時期は、新緑も目に鮮やかで、風も陽気も清々しく、カヤックを漕ぐには良い季節なのでしょうね(^^)

Newman様
こんばんは、コメントありがとうございます。
カヤックの速さは4~6kmぐらいは出ますので、見積もりとあまり変わらない時間で漕げました。ただ午後からは日本海から高島トレイルを越えて、琵琶湖に吹き込む風が出やすい時があります。帰りは苦労しました。

琵琶湖大橋も、下から見れば意外と美しい姿でした。また新しいルートを考えてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 百済川下見 | トップページ | 春の葛城山2017 (2)山頂のお花畑と下山 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ