« 御在所岳スノーハイク 2017 (2)山頂風景と下山 | トップページ | 冬晴れの湯浅湾・苅藻島 »

2017年2月 6日 (月)

御在所岳スノーハイク 2017 (1)中登山道

Wg4_3622

2月1日
赤坂山に続き2番目の冬山ハイクです、少し遅れて2月になりました。

Wg4_3623

8:40 ロープウエイ駅をスタートします。

Wg4_3624

まだ灯篭の灯りがともっている車道を、中登山道まで歩きます。

Wg4_3625

雪が積もり両岸は氷のように硬い雪で覆われています。

Wg4_3627

三滝川です。

Wg4_3628

Wg4_3629

しぶきが凍り、氷柱になっています。

Wg4_3630

屋根からも垂れ下がっています。

Wg4_3632

Wg4_3633

Wg4_3634

9:20 40分ほどで登山口に着きます。手前の鈴鹿スカイライン(477号線)は冬季の間閉鎖され、ガラス板を敷いたように路面は凍結していました。

Wg4_3636

今回はここからアイゼンを装着します。

Wg4_3638

雪道に朝の陽射しがさしこみます。

Wg4_3639

Wg4_3640

9:50 3合目に着き裏登山道と合流します。

Wg4_3641

高度を上げて行くと、岩にしがみつくような氷もついています。

Wg4_3645

かなりの長さがあります。

Wg4_3646
 
ロープウエイの下に出ます。
 
Wg4_3647

東南方向に展望が開け、伊勢湾も良く見えています。

Wg4_3651

10:10 4合目のおばれ岩です、巨大な2つの岩が重なっています。

Wg4_3652

10:20 すぐに850mの五合目に着きます、ロープウエイの白い鉄塔と赤いゴンドラがきれいです。

Wg4_3654

右上のほうには山頂駅の白い建物があります。

Wg4_3655

Wg4_3656

再び巨岩が出現します。

Wg4_3657

回り込むと地蔵岩の正面に出ます。

Wg4_3658

さいころのような岩は落ちることがありません。

Wg4_3659
 
地蔵岩を過ぎると、急な岩場のキレットを通過します。
 
Wg4_3660    

10:35 6合目のキレットに入ります。

Wg4_3661

足元に注意しながら降下していきます。

Wg4_3665

Wg4_3662

ロープウエイからも良く見える場所です。

Wg4_3667

降りて来たところです。
 
Wg4_3668

木の根からは、剣のような氷柱が出現しています。

Wg4_3670

「川」の字になっています。

Wg4_3672

11:00 7合目(1000m)に着きます、残りの標高差は200mほどです。

Wg4_3673

樹林帯を抜け展望は良くなります。

Wg4_3674

11:25 100m上がった8合目です、少し危険な岩場の通過です。

Wg4_3676

Wg4_3678

岩場を通過し、最後の急坂を上ります。

Wg4_3679

11:40 3時間ほどで中登山道終点の富士見岩に着きます。

Wg4_3680

Wg4_3681

富士山のような姿ですが、向かいの鎌ヶ岳(1161m)です。

Wg4_3683

続きは次の記事にさせて頂きます。





   


« 御在所岳スノーハイク 2017 (2)山頂風景と下山 | トップページ | 冬晴れの湯浅湾・苅藻島 »

鈴鹿・湖東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 御在所岳スノーハイク 2017 (2)山頂風景と下山 | トップページ | 冬晴れの湯浅湾・苅藻島 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ