« 年越しの冬山旅2017(3)元旦の山頂・下山 | トップページ | 年越しの冬山旅2017(5)那智の滝・那智大社 »

2017年1月 8日 (日)

年越しの冬山旅2017(4)戸隠

Dsc06011

1月2日
元旦の午後は戸隠に移動しました、こちらも雪はありません。

Dsc06014

朝の出発前に、氷の写真を撮ろうと思いましたが全滅でした(^-^;

Dsc03312

これは3年前の2014年のペンション前の雪風景です。

Wg4_3397

サクラソウのような花が少し咲いているだけでした。

Dsc06733
 
氷の写真は2015年に撮れました。その年によって同じ日でもかなり違いがあるものです。

Wg4_3400

9時ごろ戸隠奥社参道に着き、アイゼンでのハイクが始まります。

Wg4_3401

鳥居も足元まで見えています。

Wg4_1030

2015年は50cmぐらいの積雪でした。この時はスノーシューが役に立ちました。

Wg4_3403

両側の小川も流れが見えます。

Wg4_3405

Wg4_3408

こちらでやっと氷に出会えました。

Wg4_3410

今年は軽い雪帽子です。

Wg4_1090

2年前は悲惨でした、よく耐えてましたね。

Wg4_3411

随神門を越えて杉並木に入ります。

Wg4_3412

Wg4_3413

Wg4_3419

奥社が近づくと急な斜面もあり、長靴などで来られる参拝客は危なそうです。

Wg4_3416

50分ほどで奥社に着きました、こちらで初詣です。

Wg4_3418

下るのもアイゼンが必要でした。

Wg4_3420

Wg4_3421

随神門を出て鏡池への遊歩道に行きます。

Wg4_3422


Wg4_3425

雪が踏み固められた歩道です。

Wg4_1043

こちらは2年前の、新雪の未踏の歩道です。

Wg4_3429

天気が良いのが救いですね。

Wg4_3433

鏡池が近づきます。

Dsc06015

随神門から1時間ほどで鏡池に着きました。凍結しているようですが、動物の足跡しかなく歩いて行くのは危険なので諦めました。

Dsc06017

青空に輝く戸隠連峰に出会えただけでも幸せです。

Wg4_3434

尖っているところは本院岳(2030m)です。

Wg4_3443

帰りに寄った休憩所も、ほとんど雪は融けていました。

Wg4_1049

多い時はこんな感じです。

Wg4_3445

可愛い氷柱がすこし付いているだけです。

Wg4_3452

Wg4_3449

氷の接写です。

Wg4_3454

気温は上がり、雪や氷も融けていきます。

Wg4_3459

今にも落ちそうです。

Wg4_3456

Wg4_3463

わずかな繋がりでぶら下がっている、きれいな氷です。

Wg4_3464_2

シャッターを切った瞬間に崩れ落ちてしまいました。

Wg4_3469

今回の戸隠ハイクも終わりです。

Wg4_3471

いつもお昼を頂く蕎麦屋さんです。

Wg4_3470

北横岳ヒュッテで年越しそばを頂き、こちらで戸隠そばを食べるのが楽しみです。

この後は東名阪~伊勢道~紀勢道で紀伊半島を回り湯浅に向かいました。

次の記事 年越しの冬山旅2017(5)那智の滝・那智大社

« 年越しの冬山旅2017(3)元旦の山頂・下山 | トップページ | 年越しの冬山旅2017(5)那智の滝・那智大社 »

戸隠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年越しの冬山旅2017(3)元旦の山頂・下山 | トップページ | 年越しの冬山旅2017(5)那智の滝・那智大社 »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ