« 矢櫃海岸と苅藻島コース | トップページ | 山とカヌーの夏旅2016 (2)道の駅おばあちゃん市・山岡 »

2016年8月 7日 (日)

山とカヌーの夏旅2016 (1)伊崎の棹飛び

Ca3i02220002

8月1日
今年も夏山や湖を巡る旅を企画しました、スタートは琵琶湖・休暇村近江八幡です。背景は沖島です。

Wg3_7085_2

旅の途中で登山もあるのでファルト艇(組み立て)を使用します。真っ直ぐ北に出艇して伊崎寺に向かいます。

Wg3_7088

30分ほどで伊崎寺の前に出ます。湖に突き出している棹から、行者が飛び込むイベントが行われます。

Dsc04875

真横から撮影します、高さ7m、長さ13mの棹を行者が歩き飛び降りる修行になります。

Dsc04878

消防艇のみごとな放水です、遠景は比良山系です。

Dsc04882

お寺で見学される観光客の人たちです。

Wg3_7095

湖上からは抽選で漁船に乗られた客が観覧されます。

Wg3_7096

カヌーを出していたのは私だけで、多くの船に接近しないように動くのも大変でした。

Dsc04884

12時半ごろ、ようやく棹飛びが始まりました。

Dsc04886

かなり棹の幅は狭い感じです。

Dsc04901

読経されているのでしょうか、きれいなフォームです。

Dsc04902

ためらいなく飛ばれました。

Dsc04891

10名ほどの行者さんが挑戦されました。

Dsc04907
 
連続写真ではありません。

Dsc04912    

人によって姿勢は異なりますね。

Dsc04910

船が近いのが心配でした。

Dsc04916
 
正座のまま落ちています。

Dsc04897    

水泳の飛び込み競技と同じで、まっすぐ着水しないと危険ですね。

Dsc04909

水面に浮遊しているみたいな画像になりました。

Dsc04923

小さな水しぶきです、お見事ですね。

Wg3_7098

正面からの撮影は風が強くなり、他の船の動きが怖くて近寄れませんでした。

Wg3_7099

もう少しで接触です。飛びこまれた後、船に引き上げるのかと思いましたが、皆さん泳いで岸に上がられました。

Wg3_7100

行事が終わり、水泳客が多い休暇村に戻りました。

Wg3_7102

Wg3_7103

1時半ごろ、浜の端の日陰で遅めのランチを頂きました。

Wg3_7104

この後は、岐阜県恵那に移動します。
7月7日の伊崎寺の記事はこちらです 「近江八幡から愛知川


「アウトドア31文字」

  湖に 飛び込む僧の 潔さ

    人の心に 夏を注いで 



次の記事は 「(2)道の駅おばあちゃん市・山岡」です。
























« 矢櫃海岸と苅藻島コース | トップページ | 山とカヌーの夏旅2016 (2)道の駅おばあちゃん市・山岡 »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 矢櫃海岸と苅藻島コース | トップページ | 山とカヌーの夏旅2016 (2)道の駅おばあちゃん市・山岡 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ