« 南白浜ツーリング | トップページ | 山とカヌーの夏旅2016 (1)伊崎の棹飛び »

2016年7月30日 (土)

矢櫃海岸と苅藻島コース

Dsc03321

7月29日
三宮まで探しに行ったパドルが、前日に届きました。

Dsc03322

12年前に購入したファンカヤック用のパドルを流用していましたが、海では物足りなくなり新しいものを見つけました。

Dsc03323

odysseyは長い放浪の旅という意味があります。SF映画の名作「2001年宇宙の旅」の原題は「2001 a space odyssey」とされています。

Dsc03325

白いパドルが今まで使用していたものです。湯浅に通うようになってから何度か長距離も漕がせて頂きました。

Img_20160730_0001

メキシコで作られたものらしいです。

Wg3_7051

9:30 栖原の浜に来ました、海は穏やかなようです。

Wg3_7052

ちょうど艇と同じような色合いになります。これも選ぶ時のポイントでした。

Wg3_7054_2

午前中は矢櫃(やびつ)海岸を目標にしました、岬の先の三角の岩が目印です。

Wg3_7056

10:50 一時間少しでかなり接近しました、白丸は岬手前の小さな漁港です。

Wg3_7057

11:10 小さくみえていた三角の岩です、間の狭い水路を抜けると宮崎の鼻という岬があり、波の荒い難所になります。

Wg3_7059

11:15 港に入港します、岩壁では暑いところで釣りをされている方が何人かおられました。

Wg3_7063

Wg3_7062

真昼の浜に上陸します、コンクリートの地面に艇も暑そうです。

Wg3_7065

有田温泉は、廃墟になった有田観光ホテルがあるだけです。

Wg3_7064

ハッチに入れておいた弁当は、レンジで温めたようになり、デッキのポカリスエットはホットレモンになりました。保温水筒で持参した麦茶だけが、冷たさをプレゼントしてくれました。

Wg3_7067

12:10 日陰のないところでお昼を済ませ、軽く水浴びしてから午後の出艇になりました。

Wg3_7068

午後の目的地は苅藻島(かるもじま)です。

Wg3_7069

13:20 島の海岸が見えて来ました。

Wg3_7071

Wg3_7073

岩の上には木が生えています。

Wg3_7075

13:35 こちらで休憩です。

Wg3_7078

きれいな海岸線ですが、ゴミが目立ちますね。ゴミ拾いのツアーなどないのでしょうか。

Wg3_7079

小休止の後、帰途に就きます。正面は鷹島です。

Wg3_7081

夏空をきれいな雲が横切っています。

Wg3_7083    

Wg3_7084

漁船の姿に注意しながら栖原海岸に接近します。

Wg3_7085

15:10 浜に上陸し航海が終わりました。

Field_img

白線が今回の航路です、行動時間は約5時間40分になりました。距離は約16kmぐらいだと思います。


「アウトドア31文字」

  青空と 紺碧の海 漕ぎ往きて

    浜に佇む オレンジの舟
   



   





   
   

 

« 南白浜ツーリング | トップページ | 山とカヌーの夏旅2016 (1)伊崎の棹飛び »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南白浜ツーリング | トップページ | 山とカヌーの夏旅2016 (1)伊崎の棹飛び »

2020年4月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ