« 藤原岳の福寿草 2016.3 | トップページ | シーカヤックデビュー  »

2016年3月20日 (日)

黒島シーカヤックツアー

_mg_5073_2

3月18日
依奈海岸での進水式の後、黒島へのツアーが行われました。

_mg_5138

防波堤内でのウオーミングアップです。

_mg_5179

Wg3_6038

外へ出て行きます。

_mg_5213

岸からの望遠撮影かトリミングですね。

Wg3_6039

正面が黒島です。

Wg3_6040

島には多くの洞窟があります。

Wg3_6041

一艇がぎりぎり通れるような入口です。

Wg3_6042

奥は行き止まりでした。

Wg3_6044

こちらは左へ通り抜けるのですが、出口からの風が強く吹き付けて波で押し戻され、狭い通路を教習所のクランクコースのように、艇を進める技術が要ります。

Wg3_6045

パドルが岩に引っ掛かり、通過するだけで一苦労します。

Wg3_6046

外へ出ても風は止みません。

Wg3_6048

こちらは波の静かな入り江になっています。

Wg3_6050

Wg3_6052

小さな浜があります、上陸してお昼になりました。

Wg3_6055

潮が引いている間のみ浜が現れます。

Wg3_6054

少な目のランチです。

Wg3_6057

Wg3_6058

浜にあったイノシシの骨を飾りました(笑)

Wg3_6061

午後も洞窟めぐりを続けます。手を伸ばさなくても、フジツボヤ亀の手が密生する両側の岩に触れます。

Wg3_6063

レンズに水滴が付きましたが、きれいな緑色の洞窟です。

Wg3_6065

Wg3_6068

Wg3_6069

対岸に上陸します。
 
Wg3_6073

3時ごろツアーを終え依奈海岸に戻りました。

Wg3_6077

私の命名は「オレンジストリ-ム」とさせて頂きました。

Wg3_6082

Wg3_6079

自宅には置けないので湯浅の艇庫をお借りすることにしました。

Wg3_6085

狭い洞窟では苦労しましたが、自分の船で海を漕げた楽しい一日になりました。ガイドのHさん、同行頂いた皆様、御世話になりましてありがとうございました。

「アウトドア31文字」

   洞窟に 怒涛の波と 風迫り

      握るパドルで 岩盤たたく



« 藤原岳の福寿草 2016.3 | トップページ | シーカヤックデビュー  »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤原岳の福寿草 2016.3 | トップページ | シーカヤックデビュー  »

2020年4月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ