« 青空の武奈ヶ岳2016 (2)山頂風景と下山 | トップページ | 陽だまりの浜寺公園 »

2016年2月 1日 (月)

青空の武奈ヶ岳2016 (1)山頂まで

Wg4_2650

1月31日
毎年訪れている武奈ヶ岳のハイクに来ました、こちらも雪は少な目です。

Wg4_2651

安曇川にも雪はうっすらと残る程度です。

Wg4_2652

8:35 明王院への橋から登山道が始まります。

Wg4_2653

登り始めは融けかかった雪の泥道になります。

Wg4_2654

朝日が森を照らしていきます。

Wg4_2655

いつもであれば明王院前で履くのですが、斜面が白くなるまで待ちました。

Wg4_2656

木には雪が無く、積雪も10cmほどです。

Wg4_2657
 
Wg4_2659

木の根を囲むように硬い雪が残ります。

Wg4_2660

少し上がると雪の量も増えて来ます。

Wg4_2661

Wg4_2662


Wg4_2668

木の枝には花が咲いたように凍りつき、きれいに輝いています。

Wg4_2663

Wg4_2664

青空の下に広がる滋賀の山並みです。

Wg4_2670

御殿山から見る武奈ヶ岳・西南稜です。

Wg4_2672

Wg4_2673

Wg4_2674

小さな氷柱や宝石のような氷を撮りながら歩くのが、冬山ハイクの楽しみです。

Wg4_2675

Wg4_2677

西南稜への急坂を上がります。

Wg4_2682

やっと樹氷が現れます。

Wg4_2683

雪面の影もきれいな模様になっています。

Wg4_2684

広い雪面に覆われた頂上直下です。

Wg4_2685

Wg4_2686

氷の輝きも鮮やかになって行きます。

Wg4_2687

青空に樹氷がきれいに映え、雪道が山頂へ延びていきます。

Wg4_2688

Wg4_2689

最後の登りです。

Wg4_2690

11:40 山頂(1214m)到着です、所要時間は約3時間でした。

山頂風景、下山は次の記事にさせて頂きます。












« 青空の武奈ヶ岳2016 (2)山頂風景と下山 | トップページ | 陽だまりの浜寺公園 »

湖北の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青空の武奈ヶ岳2016 (2)山頂風景と下山 | トップページ | 陽だまりの浜寺公園 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ