« 伊吹山スノーハイク 2016 (2)山頂風景 | トップページ | 奥伊吹スキー場2016 »

2016年2月20日 (土)

伊吹山スノーハイク 2016 (1)山頂まで

Wg4_2900

2月18日
今回は伊吹山のスノーハイクです、こちら側も暖冬で雪は少ないようです。

Wg4_2901

案内にはロープウエイのように直線で示されていますが、3合目から上はギザギザに斜面を登山道が刻んでいます。

Wg4_2902

7:15 登山道に入ります。

Wg4_2903

雪が薄く残る山道です。

Wg4_2904
 
だんだん白い部分が増えていきます。

Wg4_2905    

Wg4_2906

7:45 30分ほどで一合目に出ます、積雪は10cmぐらいになっていました。

Wg4_2907

Wg4_2908

少し上がったところで今年初のスノーシューを履きます。

Wg4_2909

最初で終わりになるかも知れないです。

Wg4_2910

後ろには遠くに琵琶湖が控えています。

Wg4_2911

箱庭のように麓の風景が展開します。

Wg4_2913

8:20 2合目に着きます、上には青空が広がっています。

Wg4_2915

9:05 3合目です、山頂付近には雲がかかっています。

Wg4_2916

Wg4_2917

Wg4_2918

9:20 広い道の終点が4合目になります。

Wg4_2920

9:40 5合目です、ここからは雪の斜面を登ります。雪深い時には直登になることもあります。

Wg4_2919

南向きの斜面で日当たりが良く、歩く登山客の姿もよく分かります。中央の黒い建物は避難小屋です。

Wg4_2921

Wg4_2922

9:55 5合目から見えた避難小屋です、斜面に沿って建てられています。

Wg4_2923
 
傾斜は急になり、アイゼンかスノーシューは必携になります。

Wg4_2924    

10:05 6合目です、夏登山道が埋まり直登になります。

Wg4_2925

岩の隙間にはきれいに氷柱が出来上がっています。

Wg4_2927

Wg4_2928

中央の白いところが3合目になります、かなりの距離を登ってきました。

Wg4_2929

10:25 7合目です、あと1.4kmになりました。

Wg4_2932

樹氷がきれいに斜面を飾っています。

Wg4_2933

Wg4_2934

最後の急坂です。
 
Wg4_2935

Wg4_2936

山頂遊歩道に着きました。

Wg4_2937

青空に白い樹氷が美しいです。

Wg4_2940

建物は雪に埋まらず、ほとんど春が来たような風景でした。

Wg4_2941

11:35 山頂(1377m)到着です、登山口から約4時間20分でした。山頂風景、下山は次の記事にさせて頂きます。











« 伊吹山スノーハイク 2016 (2)山頂風景 | トップページ | 奥伊吹スキー場2016 »

鈴鹿・湖東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊吹山スノーハイク 2016 (2)山頂風景 | トップページ | 奥伊吹スキー場2016 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ