« 御在所岳スノーハイク 2016(2)下山 | トップページ | 撮影会2016.02 »

2016年2月12日 (金)

御在所岳スノーハイク 2016 (1)山頂まで

Wg4_2803

2月11日
毎年訪れている冬山の1つ、御在所岳に来ました。コースも前回と同じですが、天候の違いによる、風景写真の差を御覧くださいね。(^-^;

Wg4_2805

ロープウエイ駅を9:05に出発しました。こちらも路面の雪は消え去り、樹木にも見当たりませんでした。

Wg4_2806

左に行くと鎌ヶ岳になります。

Wg4_2808

9:35 30分ほどで中道登山道口に着きます。

Wg4_2807

暖冬で熊も冬眠する暇がないですね。

Wg4_2809

こちらのコースは序盤から急坂が連続する山道になります。

Wg4_2810    

観光ロープウエイがすぐ上を通過していきます。

Wg4_2812

10:20 巨岩が重なる「負ばれ石」です。

Wg4_2814

10:30 五合目に着きます。

Wg4_2813_3

山頂ロープウエイ駅が見えて来ました。

Wg4_2815

こちらは東側の伊勢湾方向です。

Wg4_2816

鎌ヶ岳(1161m)のきれいな姿です。

Wg4_2817

岩場が多い中道登山道です。

Wg4_2819

10:40 「地蔵岩」です、ロープウエイからは小さく見えますが、すぐ近くで見られるのがこの登山道の良いところです。

Wg4_2820_2

10:45 難所の「キレット」です、岩がピラミッドのように立ち並ぶ隙間を降りて行きます(赤い線はコースのイメージです)。

Wg4_2821

下から見れば全体がよく分かります。

Wg4_2823

人の背の高さに比べれば、大したことはないように見えますが、10年ぐらい前に最初に来たときは恐怖感がありました。

Wg4_2822

降りたところの横斜面は、谷底まで切れ落ちています。

Wg4_2826

雪面には木の影がきれいなストライプを描いて行きます。

Wg4_2828

眺めの良いポイントが点在するのが、中道コースを毎回歩く理由でもあります。

Wg4_2829

11:05 七合目です。

Wg4_2831
 
雪でしっかり固まった急坂を、汗をかきながら登って行きます。

Wg4_2833_2

気を抜けない凍りつく岩場です。

Wg4_2834

うしろから降りて来られました。

Wg4_2835

少し先で撮れば、怖さがよく分かります。赤い円内は登山客です。 (゚ー゚;

Wg4_2840

岩陰には透明に凍りついた氷柱があります。

Wg4_2841

きれいな姿に固まっています。

Wg4_2842

木に開いた穴にも雪がもぐりこんでいます。

Wg4_2843
 
11:45 ようやく中道登山道が終わります。

Wg4_2844    

富士見台と呼ばれる展望所です、山頂ではありません。

Wg4_2845

遊歩道になり、山頂へ向かいます。

Wg4_2846

例年ならば樹氷で白くなっていますが、まったく木には雪がついていません。

Wg4_2848

写真を撮るには、ストックよりもピッケルが便利です。ピッケルリーシュで体に繋いでおくことが出来ます。

Wg4_2849

この辺りは観光客がロープウエイで登り、長靴などでも歩いておられるところです。

Wg4_2850
 
山頂直下の階段を上がります。

Wg4_2851    

12:05 山頂(1211.95m)に着きました、登山口からの所要時間は2時間30分です。下山は次の記事にさせて頂きます。













 

« 御在所岳スノーハイク 2016(2)下山 | トップページ | 撮影会2016.02 »

鈴鹿・湖東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 御在所岳スノーハイク 2016(2)下山 | トップページ | 撮影会2016.02 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ