« Re:真冬の琵琶湖バレイ2016 | トップページ | 青空の武奈ヶ岳2016 (1)山頂まで »

2016年2月 1日 (月)

青空の武奈ヶ岳2016 (2)山頂風景と下山

Wg4_2692

1月31日
武奈ヶ岳山頂から見た琵琶湖方向です、数年ぶりの晴れた空と雪景色のお昼でした。

Wg4_2691

今日は荒天も考えてしまったので、立食も可能なおにぎり2個という軽食です。ザックの中は使えなかったスノーシューが入っています。 (^-^;

Wg4_2695

写真には写っていませんが多くの登山客で山頂はいっぱいでした。

Wg4_2696

北側の方が雪はきれいです。

Wg4_2697

Wg4_2698

足元の小さな岩陰の氷を撮っていきます。

Wg4_2701

Wg4_2704

ほんの数センチですが、接写するとミクロの世界に入り込めます。

Wg4_2711

Wg4_2713

Wg4_2715

吹き上げる風で下側から凍りついています。

Wg4_2714

Wg4_2716

小枝にもきれいについています。

Wg4_2720

Wg4_2730

綿菓子のように包み込まれますね。

Wg4_2727

Wg4_2728

泡が閉じ込められて凍りつきます。

Wg4_2736

12:20 下山開始です。

Wg4_2737

雪が薄く積もり、白と茶色の組み合わせになります。

Wg4_2738_2

琵琶湖に浮かぶ沖島が良く見えています、対岸は近江八幡です。

Wg4_2741

スキー場のゲレンデのような稜線を下ります。

Wg4_2742

Dsc02018

地面が露出して例年のようにスノーシューでは歩けない西南稜です。

Dsc02020_2

南には琵琶湖バレイが望めました。

Dsc02023

Dsc02026

午後も良く晴れた暖かめの天気でした。

Dsc02033

Dsc02037

青空に武奈ヶ岳が溶け込んでいきます。

Dsc02038

Wg4_2749

木陰には氷柱が融けずに残ります。

Wg4_2751

斜面に落ちる長い影です。

Dsc02055

Wg4_2753_2

15:00 2時間40分ほどで明王院まで降りて来ました、雪はほとんどありません。

Wg4_2754

久しぶりの青空の武奈ヶ岳を楽しめたスノーハイクでした。

以前の冬の武奈ヶ岳の記事リンクです。(クリックすると記事が表示されます)

2015年2月 「まだ見ぬ武奈ヶ岳

2014年1月 「武奈ヶ岳登頂未遂

2013年1月 「灰色の武奈ヶ岳

2012年1月 「逍遥・武奈ヶ岳

2011年2月 「ホワイトクリフ 武奈ヶ岳

2010年1月 「吹雪の武奈ヶ岳

2008年1月 「純白の西南稜

2007年1月 「白い武奈ヶ岳



「アウトドア31文字」

青空に 嶺が輝き 湖霞む

  氷の花の 姿鮮やか





















« Re:真冬の琵琶湖バレイ2016 | トップページ | 青空の武奈ヶ岳2016 (1)山頂まで »

湖北の山」カテゴリの記事

コメント

武奈ヶ岳の樹氷が、とってもきれいでした。
私も、行きたくなりました。
今後も、美しい写真を楽しみにしています。

Y様
こんにちは、コメントありがとうございます。
天気次第で山の風景は変わって行きますね、冬山ハイクはまだ何度か行けると思います。
御期待下さいね 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Re:真冬の琵琶湖バレイ2016 | トップページ | 青空の武奈ヶ岳2016 (1)山頂まで »

2020年9月

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ