« 年越しの冬山旅2016(1) 大晦日・坪庭 | トップページ | 年越しの冬山旅2016(3)元旦・初日の出 »

2016年1月 6日 (水)

年越しの冬山旅2016(2) 大晦日・北横岳山頂

Wg4_2383_2

12月31日
11:00 いつもであれば分岐点をすぐに山頂へのコースに入りますが、天気が良かったので坪庭を一周してから登山道に入りました。

Wg4_2384

こちらも初冬のような、まばらな雪景色です。

Wg4_2385

木の階段もそのまま表面が出ています。

Dsc00847

綿帽子の感じも少な目です。

Wg3_3432

去年の登山道の雪景色です。

Dsc00848

成長途上ですね。

Dsc00849

Wg4_2387

11:30 山小屋に到着です。

Wg4_2388

チェックインせず、山頂に向かいます。

Wg4_2391

斜面が終わると山頂です、青空の下には南八ヶ岳の山並みが続きます。

Dsc00856

南峰(2471.6m)の山頂標が凍ることもなく鮮やかでした。

Wg4_2390

蓼科山(2530m)です。

Dsc00852

樹氷は黒い服を着ているようでした。

Dsc00857

Dsc01266

硫黄岳から横岳、主峰赤岳(2899m)が中央に見えます。

Dsc00863

こちらは北峰(2480m)です。

Dsc00860

白い人形の行列みたいです。

Dsc01274

Dsc00864

Dsc00864s

今回使用したピッケルです、写真を撮る時にはストックよりこちらの方が雪面に突き刺さりやすく便利でした。

Wg4_2393_2

樹氷の下からの蓼科山です。

Dsc00866

Wg4_2394

山小屋に戻り、七ツ池に降ります。

Dsc00867

雪が積もり凍結した七ツ池です。

Dsc00868

たくさんの足跡がありました。

Dsc00869

大晦日の短いお昼が過ぎて行きます。

Wg4_2395

一年に一回、この山小屋で御会いする方が、今回も来ておられました。元旦にお別れして、また大晦日に会えることが出来るのは幸せですね。年越しの鍋料理も楽しみの一つです。

 
前の記事は 「(1) 大晦日・坪庭」です。









« 年越しの冬山旅2016(1) 大晦日・坪庭 | トップページ | 年越しの冬山旅2016(3)元旦・初日の出 »

八ヶ岳」カテゴリの記事

コメント

晴れて良かったですが
温暖化の影響が山頂にも来ていまね。
来年も同じ方と山小屋で出会えたらいいですね。

J003様
あけましておめでとうございます。冬の北横岳を訪れるのは今年で10回目になります。

今年の正月は暖かくて気温的にも「新春」でした、しかし初日の出の朝は、写真では伝わらないですが台風並みの風と、業務用冷凍庫の気温です。

山小屋で再開するのは今年で、お別れするのは来年になります(*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年越しの冬山旅2016(1) 大晦日・坪庭 | トップページ | 年越しの冬山旅2016(3)元旦・初日の出 »

2020年5月

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ