« 泉大津PA・撮影会 | トップページ | 梅雨明けの伊吹山 2015 (1)山頂まで »

2015年7月23日 (木)

梅雨明けの伊吹山 2015 (2)山頂風景と下山

Wg3_4674_2

7月21日
雲が激しく流れ、青空が見える時間も少ない山頂のお昼です。

Wg3_4676_2

12:10 午後は山頂周りの登山道を歩いてみます。

Wg3_4677

風が強く気温も低い高原です。

Dsc03275

イブキトラノオです。
 
Dsc03277

何かの卵でしょうか?

Dsc03283

アザミです。

Dsc03287

メタカラコウ

Dsc03288

濃い霧がどんどん流れていきます。

Dsc03293

キンバイソウの兄弟たちです。

Dsc03297

Dsc03300

蜘蛛の巣には雨粒が散らばっていました。

Dsc03301

Wg3_4678

紫陽花も残っています。

Dsc03303

シモツケソウはまだ早いようです。

Wg3_4679

12:55 ドライブウエイ駐車場に出て来ました。
 
Wg3_4680

ここから中央登山道を登ります。

Wg3_4681

ドライブウエイからも山頂へ行くことができます。道は歩きやすく整備されています。

Wg3_4682_2


Wg3_4683

山頂まで続く階段道です。

Wg3_4684

13:15 山頂に着きます。

Wg3_4685

Wg3_4686

売店にはトマトやキュウリも売られていました。冬季は屋根まで雪に閉ざされています。

Imgp1707

この写真は2年前の1月13日の同じ場所です。

Wg3_4688

18種類ものソフトクリームです。
 
Wg3_4689

13:25 下山の開始です。
 
Wg3_4694_2
 
ゴルフ場のような斜面の登山道を降りて行きます。

Wg3_4696

琵琶湖も見渡すことができます。

Dsc03310_2

ツリガネニンジンです。

Dsc03312_2
 
イブキジャコウソウがきれいです。

Wg3_4700_2

雲の下に抜け出し、日差しが強まります。

Dsc03313

14:30 五合目から見た山頂方向です、厚い雲が覆いかぶさっています。避難小屋がぽつんと斜面に建っています。

Wg3_4705

半分ほど降りてくると気温も上がりだし、日差しもきつくなりました。

Wg3_4706

15:00 三合目から見た伊吹山です、まだ山頂付近は雲に隠れています。
 
Dsc03322

三合目の草原には、ユウスゲがたくさん咲くのですが、風が強くて撮影は困難でした。

Dsc03314

背が低く、風に揺らがない花を選んでみました。

Dsc03320
 
レモン色がきれいな爽やかな花です。

Wg3_4707

15:20 三合目を後にします。

Wg3_4708
 
15:40 一合目への斜面を下ります。

Wg3_4709    

(^-^;
 
Wg3_4710

Wg3_4711

16:15 下山完了です、山頂から2時間50分ぐらいかかりました。夏の伊吹山の花たちに出会えた一日でした。



「アウトドア32文字」

ユウスゲが 優しくなびき 野を染める

 夏の伊吹の 風に吹かれて
  


 





   
 

« 泉大津PA・撮影会 | トップページ | 梅雨明けの伊吹山 2015 (1)山頂まで »

鈴鹿・湖東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉大津PA・撮影会 | トップページ | 梅雨明けの伊吹山 2015 (1)山頂まで »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ