« 吉野川~紀ノ川を漕ぐ (2)午後のひととき | トップページ | 6月撮影会 (2)紫陽花、その他 »

2015年6月 7日 (日)

吉野川~紀ノ川を漕ぐ (1)午前中の川下り

Wg3_4430

6月6日
モンベル五條店のイベントで奈良・吉野川から、和歌山・紀ノ川を漕いで来ました。大台ケ原を水源とし、136kmを流れて紀伊水道に至ります。
奈良県では「吉野川」と呼ばれ、和歌山県に入ると「紀ノ川」になります。

Wg3_4431

10:20 トラックに艇が積まれ、参加者は7名で後から川岸に着きます。

Wg3_4432

様々なタイプのカヤックが降ろされました。

Wg3_4433

雲の間から青空がのぞきます。

Wg3_4436

フォールデイングカヤック、組み立て式のカヤックで、コンパクトに収納出来ます。

Wg3_4437_2

リクリエーショナルカヤック2艇、湖や川で乗られる安定性の良いカヤックです。以前はファンカヤックと呼ばれていました。

3番目はシットオンカヤックで、デッキが開いているので開放感があります。

後ろの水色の艇はインフレータブル(ダッキー)と呼ばれ、空気を入れるゴムボートになります。

Wg3_4439

10:40 準備体操のあと川に入ります。

Wg3_4442

広くて流れの緩いところからの出艇です。

Wg3_4443

Wg3_4444

岩が多く出ているところでは、艇を上げで川岸を歩いて運ぶことになります。

Wg3_4445

Wg3_4446

今回のインストラクターさんです。

Wg3_4447

少し狭くなった急な瀬を慎重に漕いでいきます。

Wg3_4448

Wg3_4450

皆さん楽しそうですね。

Wg3_4451

Wg3_4453

岩の上から見学です。

Wg3_4454

Wg3_4462

ダウンリバーカヤックです、艇長が短く運動性能が高い艇です。

Wg3_4455

プレイボートと呼ばれる、ダイナミックな漕ぎ方も可能な艇です。乗りこなすのはかなりの技術力が必要です。

Wg3_4459

二人乗りのダッキーです、果敢に挑んでいます。

Wg3_4460

パドルがきれいに揃っています。

Wg3_4465
 

Wg3_4467

Wg3_4468

川面が鏡のようになっています。このあたりでお昼になりました、次の記事にさせて頂きます。

吉野川~紀ノ川を漕ぐ (2)午後のひととき


   

 




« 吉野川~紀ノ川を漕ぐ (2)午後のひととき | トップページ | 6月撮影会 (2)紫陽花、その他 »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

立て続けにカヌー出艇され、充実されているようでなによりです。

私事で恐縮ですが、紀ノ川というと中学のときに歌った「紀伊の国(きのくに)、紀ノ川♪」という合唱曲を思い出します。
もっと悠々とした流れの川を想像していたのですが、結構流れがあるのですね。

Newman様

おはようございます、紀ノ川は親戚が近くにあったので小学生のころは夏によく訪れていました。

川下りをするのは今回が初めてです、五條のモンベル店付近では何度か吉野川を漕いだことはありますが、紀ノ川もいいですね。8月に紀ノ川祭りがあり、花火大会もありますのでまた行ってみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉野川~紀ノ川を漕ぐ (2)午後のひととき | トップページ | 6月撮影会 (2)紫陽花、その他 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ