« 年越しの冬山旅2015(1) 大晦日 | トップページ | 公園の鳥たち »

2015年1月 9日 (金)

御在所岳スノーハイク 2015

Wg4_1103

1月8日
雪山ハイクで御在所岳を訪れました。平日の朝、55周年を迎えるロープウエイ駅です。

Wg4_1104

今回も中道コースでの登山です。雪が多く途中の道にもきれいな雪景色が展開します。
 
Wg4_1105

カーブミラーでのスナップです、黄色いものはピッケルです。この時期の御在所岳はストックよりピッケルの方が使いやすいです。

Wg4_1106

Wg4_1107

9:00 中登山道口をスタートします。

Wg4_1108

動き出したロープウエイが行き交います。
 
Wg4_1109

9:50 雪に包まれる負ばれ岩です。

Wg4_1110

Wg4_1111

10:08 地蔵岩の側面です。

Wg4_1112

少し登ったところからは正面写真が撮れます。背景は雪雲に覆われて展望はありません。
   
Wg4_1113

急な岩場を下降します。
   
Wg4_1114_2
 
岩の位置を確認しながら降りていきます。
   
Wg4_1115

鎖も取り付けられています。
   
Wg4_1116
   
注意深く歩けば通過できます。




Wg4_1117
 
Wg4_1118

大きな岩壁ですね。

Wg4_1119
 
岩陰の長い氷柱です。

Wg4_1120

Wg4_1122

8合目から先は、斜面の岩稜や急坂を歩いていきます。晴れていればきれいな風景が見えるところですが、凍りついた岩しか見えないですね。
 
Wg4_1124

11:35 中道コースの終点、富士見岩展望台です。

Wg4_1125

Wg4_1126
 
道標も埋まっています。
 
Wg4_1127

樹氷の道が続きますが、青空でないのが残念です。
 
Wg4_1128

朝陽台展望台です、記念写真用の標識でこちらは山頂ではありません。

Wg4_1129

20分ほど歩き、山頂への階段に着きます。
 
Wg4_1130

12:05 吹雪の山頂(1212m)に着きました、登山口から約3時間です。
 
Wg4_1131

Wg4_1132

お湯を沸かす予定でしたが気温があまりに低く、ガスが気化せずにバーナーは使えませんでした(^-^; 雪と風が吹き込む休憩所で、冷えたおにぎりだけを頂き、手袋はわずかの時間で凍りつきました。

Wg4_1133

下山は天気が悪く、単独では雪深い道を歩くのも危険だったのでロープウエイを利用することにしました。
 
Wg4_1134

Wg4_1135

13:05 ロープウエイ山上公園駅です。
 
Wg4_1136

今回はスノーシューではなく、アイゼンの御世話になりました。
 
Wg4_1137

ゴンドラの外はホワイトアウトです。

Wg4_1139

 
Wg4_1140

Wg4_1141

こちらの鉄塔だけが白い色に塗られています。

Wg4_1142

1:40 ロープウエイで下山終了です、お疲れ様でした。


「アウトドア31文字」
 
ざくざくと 雪を踏みしめ 辿り着く

   吹雪ばかりの 静かな世界 

« 年越しの冬山旅2015(1) 大晦日 | トップページ | 公園の鳥たち »

鈴鹿・湖東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年越しの冬山旅2015(1) 大晦日 | トップページ | 公園の鳥たち »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ