« スイスアルプストレッキング (5-4)歓迎パーテイ | トップページ | スイスアルプストレッキング (5-2)クライネシャイデック~ユングフラウヨッホ »

2014年7月14日 (月)

スイスアルプストレッキング (5-3)白いユングフラウヨッホ

Wg3g1907

7月6日 
9:40 電車を降りると長い通路を通り、展望台へのエレベーターに乗ります。

Wg3g1908

今までの青空はどこかに消えてしまい、私たちの周りは白い霧に包まれる、異次元世界のようでした。
 
Wg3g1909
 
観光気分のツアーは一瞬でスノーハイクと化し、雪山をメンヒ小屋まで歩くことになりました。
 
Wg3g1910
 
白い雲が湧き上がり、陽の光が一行の影を描いて行きます。
 
Wg3g1912
 
雪原にはスノーブリッジが形成されています。上を通過すると崩れそうですね。
 
Wg3g1913
 
Dsc05156
 
Dsc05159

雪の地層のような縞模様が刻まれています。
 
Wg3g1916
 
Dsc05162
 
Dsc05161
 
Dsc05163
  
Dsc05160

こちらがメンヒ小屋(3650m)です、斜面に建ち凄い構造をしています。富士山より少し低く、北岳(3193m)、槍ヶ岳(3180m)よりも高いところにあります。
 
Imgp6522

11:20 メンヒ小屋でランチです、アップルソーダとウインナースープが気に入ったので、こちらでも注文しました。
 
Imgp6523
 
ウインナーはスープの中で泳いでいました。
 
Wg3g1917
 
帰りも雪の斜面に注意しながら、降りて行きます。
 
Wg3g1918

Wg3g1919

強そうな犬ですね。
 
Wg3g1920

視界は悪くなります。
 
Wg3g1921
 
Wg3g1922

展望台へのエレベーターです。
 
Wg3g1924
 
Wg3g1925

残念ながら視界0でした。
 
Wg3g1927

室内の記念碑はむなしいですね。
 
Wg3g1928

電車のホームまでは多くの展示物が置かれています。
 
Wg3g1929
 
Wg3g1934
 
Wg3g1940
 
こちらは氷の彫像が並びます。
 
Wg3g1941

氷のトンネル。
 
Wg3g1942
クマでしょうか?
 
Wg3g1943

ワシ
 
Wg3g1948

クライマーですね。
 
Wg3g1932

初期のころの登山風景画です。
 
Wg3g1933
 
Wg3g1931  

帰途に就きます。
 
Dsc05170

下山電車からは、天候が変わり青空になった風景がよく見えました。
 
Dsc05171
  
Dsc05178_2
 
Wg3g1949
 
少し天気のタイミングがよくなかったようですね。
 
Wg3g1952

Wg3g1953
 
緑の村が見えてきました。
 
夕食はグリンデルワルトの最後の夜なので、村主催のパーテイが行われました。次の記事にさせて頂きます。
 
「アウトドア31文字」

 碧空を 白く染め行く 濃い霧に
 
   隠れる景色 心に残る
 
 
 
   
 
 
 
 

« スイスアルプストレッキング (5-4)歓迎パーテイ | トップページ | スイスアルプストレッキング (5-2)クライネシャイデック~ユングフラウヨッホ »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スイスアルプストレッキング (5-4)歓迎パーテイ | トップページ | スイスアルプストレッキング (5-2)クライネシャイデック~ユングフラウヨッホ »

2020年3月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ