« シャクナゲの甲武信ヶ岳 (2)二日目 御来光と下山 | トップページ | 朝顔のミニ花壇2014 (4)本葉 »

2014年6月 3日 (火)

シャクナゲの甲武信ヶ岳 (1)一日目 登頂まで

Imgp6119

5月31日 
千葉のブログ友人「Newmanさん」と御一緒に奥秩父の甲武信ヶ岳をハイクすることになり、前日(30日)発で山梨の笛吹市に来ました。

Imgp6120
日帰り温泉が併設された「スパランド・ホテル内藤」です、広い温泉施設とビジネスホテルが一緒になった快適なホテルでした。

 
Wg3g1348      
6:30 待ち合わせ場所の「道の駅・みとみ」です、きれいに晴れた空が夏空のような青さです。 
 
Wg3g1349
7:00 Newmanさんと合流し、西沢渓谷からの登山道(徳ちゃん新道)に向かいます。

Wg3g1353_2
 
Wg3g1355

 
Wg3g1356

Wg3g1357
ゲートを過ぎると広い道が新道入口まで続きます。

 
Wg3g1362
新緑が鮮やかな朝の林道です。
 
Wg3g1364
8:10 いよいよ西沢山荘前から徳ちゃん新道に入ります。
 
Wg3g1365
急坂が延々と緑の彼方に消えていきます。
 
Wg3g1366
 
Wg3g1367
オレンジ色の山ツツジがまだ残っています。

Wg3g1368  

 
Wg3g1369
ただ一カ所、ギンリョウソウが咲いていました。明るい陽を浴び暑そうでした。下山時には確認出来ませんでした。
 
Wg3g1370
木の根が登山道を支えているようですね。
 
Wg3g1371

 
Wg3g1389
こちらはミツバツツジのようです。 
 
Wg3g1382
アズマシャクナゲの散歩道が始まります。
 
11382
 
薄紅色から薄紫。
 
41374  
 
71375
 
 
81378
 
鮮やかな紅色もあります。
 
91407
 
101394
 
Dsc04604
 
Dsc04607    
 
Wg3g1390
クローズアップすると、花の中に入ったアリが見つかりました(*^-^)
 
Wg3g1405
 
 
Wg3g1409
 
Wg3g1400  
11:10 シャクナゲの写真を撮りながら山道を歩き、尾根道の分岐に着きます。こちらで「徳ちゃん新道」と「近丸新道」が合流し戸渡尾根になります。
 
Wg3g1402
 
 
Wg3g1401
甲武信ヶ岳の案内板は木から外されたようですね。 
 
Wg3g1411
 
Wg3g1412
 
Wg3g1413
13:50 道の駅手前にある広瀬湖が見える展望所に来ました。山の中にあるダム湖です。

 
Wg3g1416
しばらく歩くと残雪が姿を見せます。

 
Wg3g1418
たぶんバイカオウレンと思います。
 
Wg3g1419
14:15 戸渡尾根分岐を通過すると、山小屋も近くです。
 
 
Wg3g1420
 
Wg3g1421
 
Wg3g1422
14:30 木賊山(とくさやま)2469mです、樹林の中にあり展望はありません。
 
Wg3g1425
さら進むと、正面に甲武信ヶ岳と対峙できる斜面に出ます。細い道は山小屋からの登山道です。 
 
Wg3g1426
 
Wg3g1428  
 
Wg3g1427
14:50 雪が固く残る斜面を下り、甲武信小屋に着きました。
 
Wg3g1433    
 
Wg3g1430
 
 
Wg3g1432
 
小屋前で暖かいコーヒーを淹れ、ほっと一息です。Newmanさんには大変喜んで頂けました。 
 
Wg3g1434
休憩のあと、山頂を目指しました。
 
Wg3g1435
 
Wg3g1436  
16:00 甲武信ヶ岳(2475m)登頂です。
 
Wg3g1437
金峰山方向の展望です、奥秩父は初めてなのでまだ登頂した山はありません。
   
 
Wg3g1440
こちらは八ヶ岳の山並みです。
 
Wg3g1442
 
Wg3g1445
南側の富士は雲がかかり見ることは出来ませんでした。
 
 
Wg3g1446    
5:30 小屋の夕食はカレーです、ビールが美味ですね。
 
 
Wg3g1447
食事の後は、山小屋の方が撮られた山の写真や東沢の千曲川源流の映像も流され、 楽しいひと時を過ごせました。
 
Wg3g1448
ビールの缶は持ち帰る必要があり、専用のプレスマシンが配備されていました。
 
Imgp6121
記念品とさせて頂きました。(o^-^o)
 
Imgp6122    
こちらは販売されている山バッジです、久しぶりのコレクション追加です。

コースタイム(休憩込)
道の駅(7:00)-西沢山荘(8:10)-近丸新道分岐(11:10)-戸渡尾根分岐(14:15)-木賊山(14:30)甲武信小屋(14:50) 
所要時間  登り 約7時間50分  小屋ー山頂往復 約30分
翌日の記事はこちらです。 (2)二日目 御来光と下山
 
 
 

 
   
 
 

« シャクナゲの甲武信ヶ岳 (2)二日目 御来光と下山 | トップページ | 朝顔のミニ花壇2014 (4)本葉 »

奥秩父」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シャクナゲの甲武信ヶ岳 (2)二日目 御来光と下山 | トップページ | 朝顔のミニ花壇2014 (4)本葉 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ