« 今シーズンの終わりに | トップページ | 上高地スノーシューツアー (2) 1日目 河童橋から 徳沢まで »

2014年3月25日 (火)

上高地スノーシューツアー (3) 2日目 徳沢から釜トンネル

Wg3g1019

3月23日 朝早く食事を済ませ、河原に出てみました。最終日も青空が広がり雪景色を楽しみながら帰ることが出来そうです。

Wg3g1018

朝陽に照らされ、上から影の境界線が下降していきます。

Wg3g1020

Wg3g1021

Wg3g1025

Wg3g1026

7:00 冬季小屋の前に集合して、ツアーの一行が出発します。

Wg3g1028

Wg3g1027

Wg3g1029

まだ高度の低い陽射しが、林を通して雪の河原に長い軌跡を延ばします。

Wg3g1030

トレースのない雪原で集合写真を撮ります、こちら側には横一列に私たちが並んでいます。

Wg3g1031

Wg3g1032

Wg3g1033

雪の結晶のように、倒木や小枝の表面に氷が張りつき美しい形になっています。

Wg3g1036

Wg3g1044

Wg3g1045

河原の低い木からは雪が消え失せ、春のような風が漂います。

Wg3g1047

10時ごろ小梨平キャンプ場に着き、昼食タイムです。

Wg3g1061

麺の感じでは棒ラーメンのような気がします、かさばらないので自分でもよく利用します。

Wg3g1051

Wg3g1050

岳沢上空には雲が流れ、青空ときれいなコントラストを見せています。

Wg3g1052

雪解け水が梓川を流れます。

Wg3g1056

Wg3g1057

Wg3g1058

Wg3g1059

Wg3g1060

キャンプ場周辺で撮った氷の写真です、同じ形のものは2つと無い自然の造形です。

Wg3g1063

11:10 観光客のいない静かな河童橋に着きました。

Wg3g1065

バスターミナルも雪の中です。

Wg3g1069

Wg3g1074

無雪期には車道になる道を歩きます、横の林には暖かいお昼を楽しむサルが寝ています。

Wg3g1079

12:15 大正池まで来ました、あとわずかですね。

Wg3g1080

Wg3g1081

トンネルから小梨平キャンプ場までの案内図です。

Wg3g1082

こちらが最後の休憩ポイントです。

Wg3g1083

Wg3g1085

氷を撮るのも終わりですね。

Wg3g1087

Wg3g1089

Wg3g1090_2

Wg3g1091

13:20 全員が釜トンネルを抜けて集合できたところで会長のご挨拶があり、楽しい上高地スノーシューツアーが無事終了しました。

2日間大変お世話になりました辰野会長、スタッフの皆様方、どうもありがとうございました。またイベントに参加させて頂きます時もよろしくお願いいたします。

「アウトドア31文字」

 きらきらと 輝く白い 河原には 春風そよぎ 冬が去りゆく

« 今シーズンの終わりに | トップページ | 上高地スノーシューツアー (2) 1日目 河童橋から 徳沢まで »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今シーズンの終わりに | トップページ | 上高地スノーシューツアー (2) 1日目 河童橋から 徳沢まで »

2020年9月

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ