« 伊良湖岬 | トップページ | 藤原岳の福寿草 2014.3 (2)8合目から福寿草自生地 »

2014年3月30日 (日)

藤原岳の福寿草 2014.3 (3)避難小屋-山頂-下山

Wg3g1185

12:15 9合目から上は濃い霧が流れ、気温も完全に真冬のものとなり福寿草は一輪も咲いていませんでした。


Wg3g1186

避難小屋は混雑し、自分のスペースを確保できなかったので、厳冬の山頂を往復することにしました


Wg3g1187

Wg3g1188

荒涼とした石灰岩のカルスト地形が山頂付近に広がります。


Wg3g1189

12:50 山頂に到着です、視界はありません。


Wg3g1190

Wg3g1191

下界では春なのですが、こちらは真冬です。


Wg3g1192

Wg3g1193

13:30 避難小屋に戻ると皆さん退出されていて、3名ほどの登山客が残っておられました、遅い昼食の準備をします。


Wg3g1194

チーズ入りのウインナーとねぎ、じゃがりこを少しとろみを出すために溶かし込みます。


Wg3g1195

おにぎりと、マグカップサイズのミニラーメンと一緒に頂きました。暖かくて美味でした。


Wg3g1196

14:00 霧で包まれる下山を開始します。


Wg3g1204

9合目からは麓の風景が望まれますが、頂上付近からの冷たい霧が谷を流れて行きます。


Wg3g1205

Wg3g1207

Wg3g1208

8合目からの樹林帯に入れば寒さも和らぎます。


Wg3g1209

Wg3g1210

16:15 下山完了です、所要時間約2時間15分になりました。


Wg3g1211

「アウトドア31文字」


山肌に 黄金に光る 福寿草 居残る冬を 溶かしておくれ

  

« 伊良湖岬 | トップページ | 藤原岳の福寿草 2014.3 (2)8合目から福寿草自生地 »

鈴鹿・湖東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊良湖岬 | トップページ | 藤原岳の福寿草 2014.3 (2)8合目から福寿草自生地 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ