« タウンサイクリング (19)玉手山公園 | トップページ | 日生の焼き牡蠣2014 »

2014年2月 9日 (日)

金剛山秘境ハイク

Imgp4418

2月8日 今回はMOCのイベントに申込み、ツツジオ谷からの金剛山ハイクに参加しました。

Imgp4419

混雑する千早本道ではなく登山者が少ないコースになります。

Imgp4420

参加者は6名、インストラクターが2名の8人パーテイが秘境コースにチャレンジします。

Imgp4421

リーダーはモンベルのM社長で、私が山を始めた頃大変お世話になった方です。

Imgp4422

千早本道では見られない滝もあります。

Imgp4425

かなりきわどいところもあり、初めての方もおられるようです。

Imgp4426

沢筋を進むコースには倒木も多く見られました。

Imgp4429

ツアーなので単独では撮影できないのが残念です。

Imgp4430

いい感じに凍結しています。

Imgp4431

千早本道のような階段道もなく、不明瞭な登路を歩いて行きます。

Imgp4432

スタートから2時間30分ほどで山頂に着きました。

Imgp4433

Imgp4439

Imgp4435

みんなで記念撮影です。

Imgp4437

Imgp4440

いつもはかまくらのように横穴が掘られているのですが、富士山のようになっていました。

Optio_057_2

こちらは3年前のものです。

Imgp44413

葛木神社です、裏側のあたりが本当の山頂のようです。

Imgp4442

Imgp4443

あとは下山だけです。

Imgp4444

ふたたび林の中に潜り込みます。

Imgp4445

Imgp4446

すこしコースが難解なようです、小枝や枯葉の土に雪が混ざり、踏跡もなく道なき道を延々と降下しました。

Imgp4447

写真を撮る余裕もなく、林に生い茂った笹原をかき分けながら、ようやくマス釣り場の近くに着陸しました(^-^;

Imgp4448

ふだんはこの道路を歩いて五条林道に向かうところです。

Imgp4449

皆さん無事に帰還出来て良かったですね。

Imgp4450

こちらが予定されていた妙見谷コースのゲートです、お疲れ様でした。

「アウトドア31文字」

金剛の 道なき道を 彷徨えば 流れる霧が 藪に染み込む

モンベルのスタッフの皆様、お世話になりましてありがとうございました。

« タウンサイクリング (19)玉手山公園 | トップページ | 日生の焼き牡蠣2014 »

大阪府の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タウンサイクリング (19)玉手山公園 | トップページ | 日生の焼き牡蠣2014 »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ