« 年越しの冬山旅2014(2)元旦の北横岳 | トップページ | 初詣 多賀大社と多賀SLパークホテル跡 »

2014年1月 5日 (日)

年越しの冬山旅2014(3)幻の鏡池

Dsc03312

1月2日

北八ヶ岳ロープウエイ前での雪の量に安心してしまい、鏡池も簡単に歩けると思いましたが、一晩で状況は変わり、戸隠のペンションの朝は悲惨でした。

車は雪だるまになり、スノーハイクも微妙な雰囲気でした。

Imgp3945

こちらのペンションで7年ほどお正月を過ごさせて頂いていますが、ここまで降ったのは初めてでした。

Imgp3946

上半分は完全に埋まりました。

Imgp3947_2

後ろは鉄人28号のようです。

Imgp3948_2

雪下ろしとタイヤチェーンの装着で2時間ほどかかってしまい、奥社前駐車場には11時過ぎになってしまいました。

Imgp3949

バス停の標識も首まで埋まっていました。

Imgp3950

陽は高く昇っていますが参道にもかなり深い雪が残ります。

Wg3g0887

Wg3g0888

随神門前の二頭の狛犬です、重たそうな雪帽子でした。

Wg3g0889

Wg3g0890

日本昔話にも出て来そうな随神門です。

Wg3g0891

左折して鏡池に向かう遊歩道ですが、わずかなくぼみを頼りにラッセルする必要があります。途中に小川も隠れていることもあり、道標も雪の中です、体力と時間がもたないので今回は断念することにしました。

Wg3g0892

明るくなった参道を引き返します。

Ca3i0886

鳥居前の蕎麦屋さんでお昼にしました、「天気になって良かったですね」とお店の方はおっしゃいました。「天気晴朗なれど・・・」ですね (^-^;

北横岳では、そこそこの雪と灰色の空、猛吹雪。 戸隠では、好天気と山盛りの雪。 最悪の組み合わせの今回の冬山旅を終えました。

「アウトドア31文字」

 参道を 輝く光 照らせども

   池への道は  銀色砂漠

« 年越しの冬山旅2014(2)元旦の北横岳 | トップページ | 初詣 多賀大社と多賀SLパークホテル跡 »

戸隠」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。
新年あけましておめでとうございます。
恒例の冬山ですね。今年も寒い年越しでしたが、雪の量も凄いですね。車が雪に埋まってしまいそうです…鉄人28号は面白いです(笑)
猛吹雪の雪山も含めて、本当にお疲れさまでした。本年もよろしくお願い致します。

いそしず様
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
私の好きな言葉に、桂枝雀の「お天気は地球が始まってからずーっとお天気なんです、私らがどうのこうの出来るものではありません」があります、彼の自然に対する考え方ですね。

「緊張が緩和して笑いになる」のと同じく、悪天候が一変して快晴になることなど、よくあることです。

その時に応じて行動することが大切ですね(*^-^)

冬山は始まったばかりです、また雪と仲良くしていきたいですね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年越しの冬山旅2014(2)元旦の北横岳 | トップページ | 初詣 多賀大社と多賀SLパークホテル跡 »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ