« タウンサイクリング (14) 城北公園と花博記念公園鶴見緑地 | トップページ | 若草山の山焼き2014 »

2014年1月24日 (金)

武奈ヶ岳登頂未遂2014.01

Imgp4182

1月22日

坊村の登山口駐車場です、例年通り冬の武奈ヶ岳の登頂に来ました。

Imgp4183

Imgp4184

9:08 明王院前からのスタートです。

Imgp4185

Imgp4186

前半の急登が始まります。

Imgp4187

Imgp4188

時々朝日が木々の間から姿を見せる静かな樹林帯です。

Imgp4189

Imgp4190

Imgp4191

どんどん雪が増えて行きます

Imgp4192

Imgp4193

Imgp4194

スノーシューに履き替えます。

Imgp4195

11:40 御殿山に到着しましたが、灰色の空に覆われ西南稜への道も雪に閉ざされていました。

Imgp4199

Optio_019

こちらの写真は2011年1月の同じ場所からの展望です、西南稜から頂上までの白い稜線です。

Imgp4197

11:45 途中ですれ違った5名ほどのパーテイが引き返した、トレースのない雪道を一人で行くのはあまりにも危険でラッセルもありそうなので、下山することにしました。

Imgp4201

ナマズのような雪が枝に乗っています。

Imgp4204

エイリアンの頭みたいです。

Imgp4202

Imgp4205

雪のトンネルが続きます。

Imgp4206

Imgp4208

Imgp4209

自然の造形です

Imgp4210

12:30 風の収まった林の中で昼食です。

Imgp4211

再びアイゼンに乗り換え下山を続けます。

Imgp4213

Imgp4215

Imgp4219

Imgp4221

Imgp4222

下山口が近づくと天候は回復してきます。

Imgp4223

Imgp4224

Imgp4227

七曲滝ほどではないですが小さな氷も見つかります。

Imgp4228

Imgp4229

14:20 下山終了です、2011年以後は天気に恵まれませんでしたが、御殿山で撤退したのは初めてでした。

 「アウトドア31文字」

 御殿山 トレイル隠す 白い雪 まだ見ぬ武奈は 灰色の国


« タウンサイクリング (14) 城北公園と花博記念公園鶴見緑地 | トップページ | 若草山の山焼き2014 »

湖北の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タウンサイクリング (14) 城北公園と花博記念公園鶴見緑地 | トップページ | 若草山の山焼き2014 »

2020年7月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ