« 北アルプス表銀座縦走(4)ヒュッテ大槍から横尾 | トップページ | 永遠の0 »

2013年9月29日 (日)

北アルプス表銀座縦走(5)横尾から上高地

Imgp2613


9月27日

5:15 奥穂高などに発たれる登山客が起きだす横尾山荘です。寒い朝ですが天気は良くなるようでした。

Dsc02369

6:00 日の出は望めませんが山の斜面を照らす朝日が昇っていました。

Dsc02370


団体客が横尾大橋を渡り、涸沢方面に向かわれました。快晴のアルプスを楽しめそうですね。

Imgp2616_4


Imgp2617_4
                    

少し無理がありますが、今回のコース略図です。上の写真の右下から燕岳-大天井-赤岩-西岳-東鎌尾根-槍ヶ岳(中央上端)-槍沢ロッジ

下の写真は槍沢ロッジ-二ノ俣-横尾 になります。

Imgp2618

7:00 上高地に向かい山荘を後にします。

Imgp2621


7:50 新村橋を渡ってみます。

Imgp2622

Imgp2623

去年の秋は涸沢からこの橋を通り、上高地に戻りました。

Imgp2625

Imgp2626

日差しが斜め上から差し込み、爽やかな朝の林です。

Imgp2627


8:10 徳沢に着きます。

Dsc02371


Dsc02373

Dsc02377

Dsc02378


明神岳が青空を背景にそびえます。

Imgp2631

9:20 明神に到着です。

Imgp2632


時間に余裕があるので明神池に行ってみます。

Imgp2633

Dsc02380

梓川に架かる大きな明神橋です。

Imgp2638

Dsc02381

穂高神社の鳥居があります。

Dsc02383

池は境内にあり拝観料が必要です。

Dsc02385


Dsc02386


Dsc02387

池には明神岳が映り込みます。

Dsc02389

Dsc02390

青い空が水面に映る風流を感じる情景ですね。

Imgp2640

再び遊歩道に戻ります。

Imgp2642

Dsc02392_2

いつもは明神を直進するので、池は今回が初めてでした。

Dsc02395

Dsc02396


Dsc02397


Dsc02398


尾瀬のような清流にも出会えます。

Dsc02402

11:05 観光客が訪れる河童橋に着きました、穂高が遠く望まれます。

Dsc02403

Imgp2643_2


Imgp2644

Imgp2645

11:20 バスターミナルに到着です。10分後に出るバスで沢渡まで戻りました。

Imgp2646

沢渡のお店で昼食にして、安曇野から回送して頂いた車に乗り込み白骨温泉に向かいました。

Imgp2647


Ca3i0633


昼過ぎの時間だったので小さ目な温泉でしたが、ゆっくりくつろぐことが出来ました。

仕事を退職して長距離の山旅が実現出来たツアーを楽しめた北アルプス縦走でした。

「アウトドア31文字」

 焼岳が 迎える旅の 終わりには

   梓が流れ 穂高が霞む

 






































 


                       

« 北アルプス表銀座縦走(4)ヒュッテ大槍から横尾 | トップページ | 永遠の0 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

表銀座縦走おつかれさまでした!
比較的天気に恵まれ、また稜線の美しい色づきに癒されて、良い山旅になったのではと思います。
槍ヶ岳まで到達できなかったのは残念でしたが、ヒュッテ大槍まで行かれたのであればあともうちょっとです。
またの機会にぜひチャレンジなさってくださいね。

Newman 様
こんばんは、ありがとうございます。
暇がとれたので、念願のツアーに参加できました。アルプスの長距離ハイク、辛いところもありましたが楽しい想い出が残りました。

槍ヶ岳は8月に登頂しているので、さほど気にはなりませんでした。ヒュッテ大槍は初めてでしたが良い山小屋でしたね。

また遠くの山に行ってみたいと思っています。

ころぼっくるさん、こんばんは。

表銀座は終始景色が楽しめて良いコースですよね。
記念の山行でもあったようですが、お天気もまずまずで何よりでした。
私が行ったのは30年ほど前ですが、西岳周辺のはしごや東釜尾根は今でも覚えています。
また行ってみたいですね~。
8月の槍に続いてのアルプス、とっても羨ましいです。

ちゅた 様
こんばんは、ありがとうございます。
普段は利用しないツアー登山ですが、単独では自信のないコースでした。皆さんのおかげで踏破できたものと思っています。

六甲全山縦走よりも距離的には短いですが、アルプスの美しさを楽しめました。

アルプスの美しさが体験できて、羨ましいです。

J003 様
こんにちは、ありがとうございます。今回のような長距離のアルプストレッキングを踏破できるまで、14年かかりました。
身近な散策から始められることをお薦めします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北アルプス表銀座縦走(4)ヒュッテ大槍から横尾 | トップページ | 永遠の0 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ