« 伊吹の節分草 2013 | トップページ | 藤原岳の福寿草 2013.3 »

2013年3月19日 (火)

近江今津の座禅草

近江今津の座禅草
3月17日
マキノ手前の今津の道路脇にある「座禅草群生地」の案内標識が以前から気になりながらも、立ち寄ることはありませんでした。

節分草の撮影後、開花時期をネットで確認して来てみました。

住宅街に隣接した竹藪に座禅草の群生地があり、水芭蕉に似た形の花が春の光を浴びて輝いていました。

Imgp2089

10:15 161号線 弘川ランプを降り西へ進むと間もなく群生地に着きます。

Imgp2090

バス停にも名前が入っています。

Imgp2108

伊吹と同じようなのぼりもあります。

Imgp2091

小さな川を渡ると群生地です、入場料は無料でした。

Imgp2097

Imgp2099_2

あまり広くはない湿地帯ですが多くのザゼンソウが咲いていました。

Imgp2094

逆光なのでストロボを発光させて撮ったのもあります。

Imgp2104

歩道から離れているものが多く、背中を向けているのもたくさんありました。

Dsc01523

京都の嵯峨野のような竹藪が湿原を囲みます。

Dsc01527

よく撮れた一枚です。

Imgp2106

明るい日差しに眩しそうですね。

Imgp2107

間もなく緑に覆われた風景になるのでしょうね。

スタッドレスタイヤも帰りに交換して、春の花ハイクがスタートした日曜日でした。

「アウトドア31文字」

 雪が融け 小さな花を 目覚めさせ

   光あふれる 春の山里

« 伊吹の節分草 2013 | トップページ | 藤原岳の福寿草 2013.3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

珍しい植物をはしごされていてぜいたくな旅でしたね~。
写真もきれいです。
滋賀県って結構面白いですね~。

ちゅた 様
こんばんは、ありがとうございます。
滋賀は琵琶湖と、湖を囲む山が大きな面積を占めているようです。
琵琶湖一周ハイクや、カヤックでの琵琶湖横断で、自然に包まれた滋賀の素晴らしさを思いました。神戸の街に対する六甲山系と同じぐらいに、私にとってはかけがえのない滋賀ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊吹の節分草 2013 | トップページ | 藤原岳の福寿草 2013.3 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ