« 正月の冬山旅(3)諏訪から戸隠へ | トップページ | 伊吹山スノーハイク 2013 »

2013年1月 6日 (日)

正月の冬山旅(4)戸隠鏡池

Imgp1619


1月2日

夜に雪が積り薄明るい朝でした。

Imgp1618


Imgp1616


Imgp1621


朝食前に雪下ろしをして、9時ごろ奥社前の駐車場に来ました。

Imgp1622


奥社参道入口の鳥居をくぐります。

Imgp1623

Imgp1624_3


9:20 鏡池へ分岐する随神門に着きます、直進すると奥社があり、さらに進むと戸隠山への登山道があります。

Imgp1625


門の下から奥社方向

Dsc01236


参道入口方向です。

Dsc01237

手前を左折して鏡池へ向かいます。

Imgp1626_5


まだ歩く人のいない林に、少しくぼんだ遊歩道が迎えてくれます。

Imgp1627

静かな林に雪が降りこみます。

Imgp1628_3


オブジェのような木の幹もたくさん並んでいます。

Imgp1629


クリスマスツリーのような木です。

Imgp1630


雪帽子をかぶったような杭に布団みたいに雪が積もっています。

Imgp1631


こちらはお餅をふくらませた感じですね。

Imgp1634


鏡池まであと少しです。

Imgp1635


10:00 たぶん昨日の足跡がかすかに残る鏡池に到着です。

Dsc01238


今年も青空の風景にはなりませんでしたが、戸隠の山並みはよく見えました。

Dsc01239

ほのかな朝日が雪原を照らしています。

Dsc01243_2


とは異なり水墨画のような風景です。

Imgp1638

帰途に着く前の休憩をしていきます。

Imgp1641

売店もこの時期は休業です。

Imgp1642_3


屋根のある場所でコーヒーをいれました。

Imgp1644


雪景色を眺めながらの暖かいコーヒーは格別ですね。

Imgp1647


また来年も青空を求めて訪れるでしょう。

Imgp1650

Imgp1653

来た道を戻ります。

Imgp1654


天命稲荷です。

Imgp1655

晴れる雰囲気もなく灰色の空が森を包みます。

Imgp1658_3

随神門へは寄らず脇道に入ります。             

Imgp1659_4


奇妙な形の木です。

Imgp1660


こちらも歩く人はいません。

Imgp1662


雪をかぶった木の上には

Imgp1663

きれいな十字架が乗っています。

Imgp1668_3

天気が悪くても楽しめる遊歩道です。

Imgp1669_4


鳥居に戻って来ました。

Imgp1670


蕎麦屋さんでお昼にします。

Imgp1671


意外でしたが、こちらでは「たぬきそば」文化圏です。関西圏から東では「きつねそば」と思っていました。

Imgp1672


今回も年越し冬山旅を気ままに楽しむことが出来ました。北横岳ヒュッテ様、ペンションピオレ様、ありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。

「アウトドア31文字」

 冬旅に 想い巡らし 野を歩き

       雪の造形 心に残る

« 正月の冬山旅(3)諏訪から戸隠へ | トップページ | 伊吹山スノーハイク 2013 »

戸隠」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

あけましておめでとうございます。
戸隠神社、鏡池等お正月を迎える雰囲気としてはとてもよいところですね。
さらにゆっくりと流れる時間の中での雪見コーヒーなんて雰囲気ありますね~。

本年もよろしくお願いいたします。

ちゅた 様

あけましておめでとうございます。戸隠は長い休みが取れると頻繁に訪れていますね。

それぞれの季節の美しさがあり、正月は一年の始まりを北横岳で迎え、白い鏡池を歩くのが楽しみです。青空に恵まれた2か所を撮影出来れば幸せですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正月の冬山旅(3)諏訪から戸隠へ | トップページ | 伊吹山スノーハイク 2013 »

2020年4月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ