« 2012年のトレイル | トップページ | 正月の冬山旅(2) 元旦の雪原 »

2013年1月 4日 (金)

正月の冬山旅(1) 吹雪の北横岳


Imgp1559



12月31日
今年もあと1日になりました。恒例の年越し冬山旅に来ています。
塩尻の道の駅「小坂田公園」で車中泊して、諏訪から北八ヶ岳ロープウェイまで移動して、曇り空の山頂まで到着しました。

山頂付近は吹雪になり、展望も無く灰色の雲が全てを覆い隠しています。

明日の初日の出も天気次第になります。

良い写真を撮れることを望みたいところですね、今年の最終記事になります、よいお年をお迎えください。

Imgp1541

塩尻市の小坂田公園です、前日は朝の出発雨が続きましたが幸い天候は回復しました。

Imgp1542


サービスエリアから撮った諏訪湖です、青空に包まれていました。

Imgp1544

Imgp1545_9


ピラタスロープウエイから北八ヶ岳ロープウエイと名称が変わった山麓駅です。

Imgp1546

山頂駅はスキー客も多く来られています。

Imgp1547_10

10:35 ここから北横岳へのスノーハイクが始まります。

Imgp1548_4

まだ歩く人も少なく、静かな雪原に濃い霧が立ち込めます。

Imgp1549_8


白い空と雪面にトレースが消えて行きます。

Imgp1550


坪庭に出ても展望はありません。

Imgp1551


11:15 北横岳への分岐です、標識も凍り付いています。

Imgp1552


11:40 斜面を少し登るころ、ロープウエイ駅や諏訪の街が雲の切れ目から現れました。

Imgp1553

Imgp1554_5

Imgp1555_8

雪をかぶった林の中を歩きます。

Imgp1556_3


11:50 三ツ岳への分岐に来るとヒュッテは間もなくです。

Imgp1557

Imgp1558_5


12:00 ロープウエイ駅から1時間半ほどでヒュッテに到着です。

Imgp1560


12:20 翌日の天気を気にしながら山頂に来ました。展望はなく、ただ灰色の空と白い雪面が果てしなく広がり、猛烈な吹雪が吹き付ける、山麓駅からは想像できない世界です。

Imgp1561

Imgp1562_4

Imgp1565_4

Imgp1566_4


赤岳や阿弥陀、南八ヶ岳も見えない中で樹氷だけがいつものように美しく形成されています。

Imgp1567


天候の回復の望みもなくヒュッテに戻ります。

Imgp1570


ヒュッテ近くの七ツ池もきれいに凍結しています。

Imgp1572

Imgp1573

Imgp1574_10

ヒュッテの定員は40名の予約制ですが、キャンセルされた方もおられ大晦日の夜をゆっくり過ごせました。

コースタイム(休憩込)

 山頂駅(10:35)-北横岳分岐(11:15)-三ツ岳分岐(11:50)-ヒュッテ(12:00)

「アウトドア31文字」

 吹きすさぶ 吹雪に耐える 頂きで

          一年終える 暮れの山旅

以前の記事へのリンクです(緑の文字をクリックしてください)

   2012年

   2011年

   2010年

   2009年

   2008年

   2007年 (初回)

« 2012年のトレイル | トップページ | 正月の冬山旅(2) 元旦の雪原 »

八ヶ岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年のトレイル | トップページ | 正月の冬山旅(2) 元旦の雪原 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ