« 正月の冬山旅(4)戸隠鏡池 | トップページ | 灰色の武奈ヶ岳 2013.01 »

2013年1月15日 (火)

伊吹山スノーハイク 2013

伊吹山スノーハイク 2013
1月13日
今年も冬の伊吹山に来ました。
朝から天気が良く、山頂からの絶景を期待していましたが、登頂とほぼ同じタイミングで白い霧が押し寄せ、北横岳の元旦のような不運に見舞われました。

写真は三合目からの伊吹山です、まさか2時間後の急変は予想出来ませんでした。

Imgp1673


7:35 多賀SAで前夜泊し、民家の駐車場に着きました。今年は1月に来ていますが雪は少な目です。

Imgp1674


登山口に入ります。

Imgp1675


8:10 一合目着です、天気はよさそうです。

Imgp1676


廃屋となった山荘も残っています。

Imgp1677


斜面の雪もまばらでした。

Imgp1678


琵琶湖方向です、いい雰囲気です。

Imgp1679


霜柱ですね。

Imgp1680


茶色が目立つ雪面です。

Imgp1681


まだ陽が低く、長い影が伸びています。

Imgp1682

8:35 2合目に着きます。

Imgp1683


固く締まった雪が多くなります。

Imgp1685

9:10 3合目です、山頂風景もよく見えました。

Imgp1686


9:35 スキーリフトの乗り場があった4合目です。

Imgp1687


Imgp1688


9:55 5合目に来ましたが、斜面には黒い部分が多く夏道を歩くことになりました。

Imgp1689


Imgp1690


3合目の広場を遥か下に見下ろします。

Imgp1692

足元には美しい氷もできています。

Imgp1693_3

山の斜面とは思えないです。

Imgp1695_4


急斜面に建てられた避難小屋です。

Imgp1696


傾斜はきつくなります。

Imgp1698


頂上へ向かう登山客が見えます。

Imgp1699

雪面に木の影がストライプを描いています。

Imgp1700

氷がステンドグラスのように枝を包みます。

Imgp1701_2


11:00 間もなく頂上の8合目です。

Imgp1702


まだ青空は残っています。

Imgp1703


山頂への遊歩道に出ます。

Imgp1704

11:30 ホワイトアウトした山頂に着きました。

Imgp1705_2


1377mの山頂標です、視界はありません。

Imgp1706


日本武尊(やまとたけるのみこと)像も雪の中です。

Imgp1707


雪のない季節には売店や食堂も営業されますが、今の時期は冬眠です。

Imgp1708


雪のついたベンチでお茶を温め軽い昼食です。

Imgp1709

また雪見コーヒーを頂きます。

Imgp1710

展望のないのが残念です。

Imgp1711_2


12:35 モノトーンの山頂を後にします。

Imgp1712


夏にはドライブウエイで9合目から登ることもできます。

Imgp1713


雪で満たされた遊歩道を下ります。

Imgp1715


少し下るだけで霧が晴れてきます。

Imgp1717

13:25 避難小屋まで降りてきました、これから登る方も多いようです。

Imgp1718


雲は山頂付近だけのようです。

Imgp1719


3合目付近の雪原では動物の足跡らしきものもありました。

Imgp1720


13:55 3合目の広場です、右下の小さな小屋はトイレですが冬季は閉鎖されています。

Imgp1722


ホテルも閉店されています。

Imgp1724_3


振り返れば灰色の空になった伊吹山です、また花の季節に訪れたいですね。

Imgp1725

15:10 下山が終わりました。

Imgp1727_3


期待していたより雪が少なく、持参したスノーシューも荷物になったハイクでしたが、楽しい一日を過ごせました。

コースタイム(夏道)

 登山口(7:40)-1合目(8:10)-2合目(8:35)-3合目(9:10)-避難小屋(10:15)-8合目(11:00)-山頂(11:30)  登り 約3時間50分

 山頂(12:35)-避難小屋(13:25)-3合目(13:55)-下山口(15:10)         下り 約2時間35分

以前の記事へのリンク(緑色の文字をクリックするとリンク先を表示します)

  2012年2月  2011年2月

「アウトドア31文字」

   がりがりと 雪面かじる アイゼンに

            輝き返し  春が微笑む

« 正月の冬山旅(4)戸隠鏡池 | トップページ | 灰色の武奈ヶ岳 2013.01 »

湖北の山」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくる様

明けましておめでとうございます。伊吹山に行かれていたのですね。晴れていて、天候にも恵まれ・・・と思ったら、頂上はホワイトアウトでしたか。直前まで頂上部分まで晴れているように見えますが・・・
これも自然のなりゆき、人間の思うようには行きませんが、それもまた良しとしなければならないのでしょうね。それでも明るい日差しに春の気配も感じるようです~^^

いそしず 様

こんばんは、ことしもよろしくおねがいします。
しばらく雪山のハイクが楽しい休日が続きますが、天気さえ気にならなければ雪と戯れることが出来ます。

また金剛山で、雪見ランチはいかがですか?

ころぼっくるさん、こんばんは。

伊吹山、いいですね~。
独立峰で木もなく展望があって、雪も楽しめるいい山ですね。
標高の割には積雪量が多く(世界一の記録もあるようです)、山頂は結構寒いですよね。
9合目付近までは晴れていたようで良い景色を堪能されたのではと思います。

ちゅた 様
こんばんは、ありがとうございます。
冬の伊吹山は2011年の天気が良かったようです、今回も駐車場を出発するころはモルゲンロートも見られ、山頂からの展望も期待出来ました。

最後の白い別世界も、また別の楽しみ方が出来ますね。雪中コーヒー美味しかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正月の冬山旅(4)戸隠鏡池 | トップページ | 灰色の武奈ヶ岳 2013.01 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ