« 聖高原 | トップページ | 10000人の第九 2012(6) »

2012年11月14日 (水)

雨の全山縦走2012

雨の全山縦走2012
11月11日
3回目の六甲全山縦走に参加して来ました。
天気は予報通り雨と低気圧通過のような激しい風が吹き荒れ、大変な全山縦走になりました。

朝5時15分発で宝塚は7時35分、所要時間は約14時間20分、悪天候でのタイムですが自分には満足出来る記録になりました。

Imgp1408


新開地のカプセルホテルを3時半頃出て、タクシーで須磨浦公園まで来ました。4時前に到着でしたが、既に長い行列ができて混雑していました。スタートは5時15分になりました。

Imgp1413


雨の予報ですが、渋滞する400階段をすり抜け須磨アルプスまでは曇り空で、快適な朝のハイクでした。

Imgp1414


6:50 東山から高取山に向かいます。

Imgp1415


7:15 妙法寺交差点を通過です。

Imgp1416


7:55 高取山に来るころ小雨が降りだしました。

Imgp1417


バナナが売られていますが、立ち止まる余裕はありません。

Imgp1418


8:10 安井茶屋で雨具を装備します。傘やコンビニのビニール合羽を使用する参加者もいました。

Imgp1419


途中の教会の掲示板です、今回は平凡なテーマです。

Imgp1420


8:50 鵯越駅に到着です。菊水山は間もなくです。

Imgp1421


まだ紅葉も鮮やかです。

Imgp1422


9:25 菊水山への過酷な登りが始まります。

Imgp1423


9:55 30分で登頂出来ました、最初のチェックポイントがあります。

Imgp1425


10:20 鍋蓋山への天王吊橋を渡ります。

Imgp1426


10:50 鍋蓋山到着です、神戸の町はまだ寝ているようです。

Imgp1427


歩き易い下り坂を市ヶ原に降りて行きます。

Imgp1428


Imgp1429


Imgp1430


雨の中の紅葉です。

Imgp1431


Imgp1432


Imgp1433


11:35 市ヶ原に着きます。雨は本降りになっていました。

Imgp1434


11:45 休憩の後、摩耶山のチェックポイントに向かい歩き出します。

Imgp1435


13:10 雨の中の閑散としたチェックポイントです、すぐ隣の屋根のある休憩所で参加者はくつろいでいました。

Imgp1436


13:30 雨が激しくなりそうな摩耶山を後にします。

Imgp1437


14:35 ドライブウエイを歩きながら丁字ヶ辻を通過します。

Imgp1438


14:50 記念碑台付近も濃い霧に包まれていました。

Imgp1439


路上に散らばるもみじの落ち葉です。

Imgp1440


15:20 ガーデンテラスまで辿りつきました、風も強く気温も低いテラスでしたが観光客は来ておられました。

Imgp1441


電波塔も霧の中です、日の入りが迫る縦走路を最終チェックポイントに進むことにしました。

Imgp1442


16:15 4時には閉店する一軒茶屋前を通過です。

Imgp1443


16:30 東分岐点です、ここから先は宝塚まで自力下山しかありません。

Imgp1445


間もなく日暮れを迎え、泥沼と化した暗黒の山道をランプを頼りに急降下する3時間でした、宝塚の夜景を見られるのが僅かな喜びですね。

Imgp1446


19:35 湯本台ゴールに入りました、失敗したような写真ですが変にリアルな感動が伝わって来るような気がします。

Imgp1448


ゴールの受付で、神戸市長さんから直接頂いた記念品です。

Imgp1449


朝から帰宅までの歩数計です、長い一日が終わり3回目の挑戦もめでたく完走を達成できました。お世話になった「ちゅた様」ありがとうございました。

コースタイム

  須磨浦スタート(5:15)-400階段(6:10)-須磨アルプス(6:40)-妙法寺(7:15)

 高取山(7:55)-鵯越(8:50)ー菊水山(9:55)-天王吊橋(10:20)-

 鍋蓋山(10:50)-市ヶ原(11:35)-掬星台(13:15)-丁字ヶ辻(14:35)-

 ガーデンテラス(15:20)-東分岐(16:30)-大平山(17:45)-

 湯本台ゴール(19:35) 所要時間(休憩込) 約14時間20分

「アウトドア31文字」

  六甲に 木枯し吹いて 雨を呼び 

    辿る山道  霧に包まれ

 過去の記録

   2010年 六甲全山縦走大会 2010

   2009年  六甲全山縦走大会 2009.11.23

   トレーニングデータ 六甲全山縦走・挑戦の記 2009

  その他 カテゴリー 「六甲全山縦走」

<>

<>

« 聖高原 | トップページ | 10000人の第九 2012(6) »

六甲全山縦走」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

なかなか有意義な全縦でしたね~・笑。
私も9回目ですがこんな雨は初めてです。
でもよかったところもあります。
ころぼっくるさんも撮影されておられる、雨の道路に落ちた紅葉はとても見事でした。何カ所かありました。
そして最高峰付近の道路は車が少なくて歩きやすかったですね。
私は楽しかったです。またしばらくたっても記憶に残るよい大会だったと思います~。

ちゅた様
こんばんは、ありがとうございます。雨の六甲は初めてですね。一人でしたら途中でリタイアしていると思います。

漆黒の山道で遠くに灯りを発見できる感動を覚えました、また来年の縦走会もよろしくお願いします。

ころぼっくるさん、こんにちは。

11日の縦走大会お疲れさまでした。そして、悪天候の中、完走おめでとうございます。大変な雨でしたね。かなり寒かったのではないでしょうか。
路上に落ちている落ち葉がきれいですね。今年は参加できませんでしたが、来年からは(申し込みが出来るかどうかは別にして・・・)また参戦したいと考えています。私は雨の縦走路を1人で歩いた時には市ケ原でリタイヤしましたので、大会本番が雨だと本当にツライ気がします。今年の参加率、完走率も気になるところですね。
宝塚からの帰りは大丈夫でしたか。本当にお疲れ様でした~

いそしず様
こんばんは、ありがとうございます。今年は全コースのトレーニングもなく本番に臨みましたが、2回の貴重な参加体験を生かすことが出来て、悪天候の中でも望ましいタイムでゴールできました。

前回のコースタイムをカード入れに入れて携行しながら歩いたのも、ペース確保に有効になりました。

一度雨を経験すると次回からはかなり有利になりますね。(^-^;

ころぼっくるさん、こんばんは。

雨の全山縦走、お疲れさまでした!
こんな雨の中を完走されたとは、本当にスゴイことです。
悪天候の中でも、途中途中でポイントとなるお写真を撮られているのがいかにもころぼっくるさんらしいですね。
なによりひとつととつの写真から臨場感が伝わってきます。

雨の中での完走、今回は忘れられない縦走になったのではないでしょうか。
8万歩を超える歩数というのも、雰囲気が伝わってきていいですね。

Newman様
こんばんは、ありがとうございます。
雨のハイクは何度か経験していますが、ただでさえ完走が困難な全縦のトレイルで雨は過酷でした。

8時ごろの高取山付近から降り始め、午後の摩耶山以後は強い風を伴う雨になり、東分岐からはエスケイプも出来ないので、すぐに日暮れになった泥沼状の山道をゴールの幻影を思い、自分のランプで照らされるだけの足元を確かめながら急下降するような終結部でした。

最後のゴール直前の写真は自分でも感動する写真になりました。

しかしまた来年の夏になると参加する意欲が出てくるのでしょうね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖高原 | トップページ | 10000人の第九 2012(6) »

2020年4月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ