« 秋晴れの涸沢ハイク(1) 上高地から横尾 | トップページ | 秋晴れの涸沢ハイク(3) 涸沢の朝風景 »

2012年10月12日 (金)

秋晴れの涸沢ハイク(2) 横尾から涸沢

Imgp1277


横尾はアルプス登山客の主要な十字路になり、槍ヶ岳、蝶ヶ岳、常念岳、涸沢、北穂高などへの登山道の交差点です。

Imgp1278


12:20 梓川に架かる美しい横尾大橋を渡り、いよいよ涸沢へのトレイルが始まります。

Imgp1280


13:20 しばらくは川沿いの平坦な道ですが、本谷橋を過ぎると本格的な急坂を登ることになります。歩く人も多く、すれ違いも大変でした。

Imgp1281

Imgp1282_3


屏風岩の北斜面です。

Imgp1283

Imgp1284_4


少し揺れる橋を渡ります。

Imgp1285

Imgp1286_6


急ですが紅葉の美しい山道が続きます。

Imgp1287

Imgp1288_2

Imgp1289_2


展望が広がり、紅葉の谷が見下ろせます。

Imgp1290


青空に映える黄葉です。

Imgp1292


山の青、木の葉の緑、オレンジ、赤、黄色の見事な調和ですね。

Imgp1293

Imgp1294_2

Imgp1295_2


アルプスの稜線が姿を現しました。

Imgp1296


15:10 涸沢ヒュッテに到着です。小屋泊まりであれば布団1枚に3名が詰め込まれます。

Imgp1297


キャンプ場にはたくさんのテントが張られ、自分のテントを見失うほどの状況です。しかし重い荷物を背負って来ていてもゆっくりしたスペースを確保できるのは魅力です。

Imgp1298


背後には涸沢カールに残る雪渓が迫っています。

Imgp1299


狭いながらも住めば都ですね、いつもカヌーキャンプで使用している私のテントです。

Imgp1301


テントでのビールで登りの疲労も癒されました。

Imgp1302


食事は小屋の食堂を利用させて頂きました、こちらで夏に尾瀬で御一緒出来たNewmanさんと合流して、帰りは上高地まで御付き合いさせていただくことになりました。

コースタイム

  横尾(12:20)-本谷橋(13:20)-ヒュッテ(15:10)

   所要時間 約2時間50分  上高地から5時間40分

次の記事は朝焼けの涸沢から絶景パノラマコースの紹介です。

« 秋晴れの涸沢ハイク(1) 上高地から横尾 | トップページ | 秋晴れの涸沢ハイク(3) 涸沢の朝風景 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんにちは。

涸沢の紅葉、好天に恵まれてきれいですね。
そしてあこがれの涸沢テント泊、羨ましいです。
紅葉+初冠雪とタイミングも良かったようですね。何よりです。

ちゅた 様

ありがとうございます、今回は山小屋の混雑を避けテント泊に挑戦しました。アルプスでテントを張るのは7年前の大天井岳以来ですね。

荷物は重くなりますが広いキャンプ場でくつろげるのは価値があります。

初めての涸沢で素晴らしい紅葉に出会い、目前に迫りくる穂高の美しさにも感動しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れの涸沢ハイク(1) 上高地から横尾 | トップページ | 秋晴れの涸沢ハイク(3) 涸沢の朝風景 »

2020年5月

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ