« 夏の戸隠 2012 | トップページ | 戸隠 夏の朝風景 2012.08 »

2012年8月20日 (月)

高妻山2012.08


高妻山2012.08


8月15日
朝から高妻山の登山に出発しました。
高妻山は以前飯縄山に登った時山頂から見えた山です。

登山駐車場を7時に出て、夕方まで長時間のハイクでした。

Imgp1119


県道横の登山客用無料駐車場です。

Imgp1120


広いキャンプ場の奥に登山道入り口があります。

Imgp1122


Imgp1125


Imgp1126


曇り空が稜線を包む登山スタートです。

Imgp1127


Imgp1128


7:30 牛などの侵入を防ぐ柵を越え登山道に入ります。

Imgp1129


Imgp1130


何度も沢を渡渉しながら高度を上げていきます。

Imgp1131


8:15 滑滝の右側の鎖を手掛かりに越えて行きます。

Imgp1133_2


8:30 さらに進むと帯岩と呼ばれる鎖場があり、急斜面を横切っていきます。

Imgp1134

Imgp1137_3

Imgp1138

8:55 戸隠山との分岐になる一不動避難小屋に到着です。

Imgp1136


遥か彼方に稜線は消えて行きます。

Imgp1140

Imgp1142_4


オトギリソウのような花がここだけ咲いていました。

Imgp1144

Imgp1148_3


夏の登山道には多くの花が咲き、長距離ハイクの安らぎになります。

Imgp1150


空は晴れることがなく、白い単調な風景が展開します。

Imgp1151


高島トレイルのような雰囲気もありました。

Imgp1152


蜘蛛糸に雨粒が乗ったきれいなお家でした。

Imgp1153


10:00 ほぼ中間点の五地蔵岳(1998m)に到着です、ここから先が大変なアップダウンが連続します。

Imgp1156

Imgp1157


山頂標がありますが展望なしです。

Imgp1158

Imgp1159_3

Imgp1161_2


11:00 八観音通過です、過激な急登が始まります。

Imgp1162_2

Imgp1163_3


11:15 九勢至通過

Imgp1165

Imgp1166_3

Imgp1167_4

Imgp1168_5


12:25 十阿弥陀です、かなり体力も余裕がなくなってきました。

Imgp1169


山頂直前には切り立った岩場が待ち受けます。

Imgp1170


アルプスの頂上付近のような雰囲気があります。




Dsc00755_2


12:30 高妻山(2352.8m)山頂に到達です。

Imgp1173


山頂コーヒーの後、ペンション特製弁当を頂きます。

Imgp1174


おにぎり2個とプチトマト、トマトの酸味が疲労感を回復してくれました。

Imgp1175

Dsc00756_4

Dsc00757_3

少しの間雲が切れ、青空も望めましたが絶景までには至りませんでした。

Dsc00759_2

Dsc00760_5

山頂に咲いていた花です。

Imgp1179


13:10 だれもいない山頂を後にします。

Dsc00761

Imgp1180

帰りも同じコースで下山します。

Imgp1183

Imgp1184_3


谷にも霧が立ち込め視界はありません。

Imgp1186


14:05 九勢至です、帰りは気分も楽に歩けます。

Imgp1187

Imgp1188_10

Imgp1190_3


かすかに下っていく山並みを望むことが出来ます。かなり長いトレイルですね。

Imgp1192

Imgp1193_5

Imgp1197_3


15:00 五地蔵に着きました、あと半分です。

Imgp1198


キャンプ場が見下ろせます。

Imgp1199

Imgp1201_2


スキー場の斜面が楽しい形になっています。

Imgp1207

15:45 ニ釈迦通過です、のこりわずかになりました。

Imgp1208_4

Imgp1209_4


16:00 一不動避難小屋通過です。

Imgp1210

Imgp1211_2


Imgp1212


17:30 二か所の鎖場を通過し、登山道ゲートに到着です。山頂から約4時間20分でした。

Imgp1213

Imgp1214_5

Imgp1216_3


牧場の牛と馬です。

Imgp1215

ゲート手前には「勇気をもつて引き返せ」という親切なのぼりも立っています。

Imgp1217_4


夕暮れのキャンプ場を後にします。稜線は雲のむこうですね。

Ist_028


2010年の5月に飯縄山の山頂から撮った高妻山です。

Imgp1244


ペンションで購入した高妻山のバッジです。

コースタイム

 登り 登山口ゲート(7:30)-滑滝(8:15)-帯岩(8:30)-一不動小屋(8:55)-

     五地蔵(10:00)-八観音(11:00)-山頂(12:30) 約5時間

 下り 山頂(13:10)-五地蔵(15:00)-一不動小屋(16:00)-登山ゲート(17:30)

     約4時間20分

「アウトドア31文字」

  高妻の 山道飾る 夏の花

       曇り空にも 鮮やかに映え 

 

« 夏の戸隠 2012 | トップページ | 戸隠 夏の朝風景 2012.08 »

戸隠」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

先日まで1週間ほど出掛けていました。
やっとゆっくり高妻山行の記事を読ませていただきました。
それでは、亀レスではありますが...。

高妻山の登りの要所要所には菩薩や如来などの名前がついているのですね。
信仰登山と深いかかわりがあるのでしょうか?
とても興味深いことですね。

山頂手前では岩を攀じ登っていくようなところもあるのですね。
さすが麓からみても嶮しそうに思える戸隠連峰の山だけのことはありそうです。
山頂での眺望はいまひとつだったみたいですが、美しい花々に迎えられて心が和んだのでは?

Newman様
こんばんは、ありがとうございます。
一不動から十阿弥陀については、2年前に登った飯綱(縄)山の道標にも同じ表示がなされていました。ただ高妻山の場合はゴジラの背中のようにいくつものピークがあり(?)その頂点に祠のようなものがありました。

戸隠山から一不動を越えて高妻を制覇した「ちゅたさん」は凄いと思いました。

天候にかかわりなく咲く夏の花は美しい道標ですね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の戸隠 2012 | トップページ | 戸隠 夏の朝風景 2012.08 »

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ