« 尾瀬燧ケ岳・2012 (二日目、朝の湿原) | トップページ | 真夏の能登半島2012.08 »

2012年7月30日 (月)

琵琶湖初横断(近江八幡休暇村→近江舞子中浜)

琵琶湖初横断(近江八幡休暇村→近江舞子中浜)
7月29日
今まで何度も琵琶湖を訪れながら達成出来ていなかった、カヤックでの横断を試みました。

桜の沖島を周回した時の近江八幡休暇村からほぼ対岸の近江舞子中浜キャンプ場まで約12kmのコースです。

写真は2時間半ほどで到着した中浜の湖岸です。

Imgp1005


5:10 夜明けを迎えた近江八幡休暇村の湖畔です。今回の旅の始まりです。

Imgp1007

静かな湖面を渡り、沖島に進みます

Imgp1009

5:40 沖島西端の通過です。

Imgp1010_3


ここから先は未知の領域です。比良の山並みが薄い稜線を横たえ、西岸が迫っていることを思わせます。

Imgp1012


6:05 少し北上すると背後からは朝日が湖面に一条の光の道を描いています。

Imgp1013_2


6:25 沖島は遥か後方に遠ざかりました。




Imgp1017_2


7:15 ポータブルナビの画面に表示された現在地と目的地「中浜キャンプ場」です。

Imgp1018


近江舞子から中浜の松林が遠くに望めます。

Imgp1020

Imgp1021_2


7:35 中浜キャンプ場に上陸です。

Imgp1022


2時間25分の初横断の成功でした。

Imgp1023


湖畔でのシエラカップコーヒーで休憩です。

Imgp1024


8:20 気温が上がる午後になる前に帰着するために出発します。

Imgp1025


寄り道したい気分ですが、季節的にはしんどいですね。

Imgp1027


10:55 沖島の東端に近づきます、漁船や水上バイク、水上スキーを曳航するボートなど、頻繁に往来するのでやり過ごすのが大変です。

Imgp1028

Imgp1030_2


11:05 東端を回り込むと休暇村が望め復路の終わりです。

Imgp1031_2

11:40 キャンプ場のはずれの湖畔に日陰を見つけて旅が終わりました。

Imgp1032_2


昼食はカップヌードルの中身だけをパックしたものを買って持参しました、コンパクトで収納が楽です。

Imgp1033


通りかかったトンボです、オスプレイより安全に飛ぶようですね。

Imgp1034

炎天下の駐車場で艇と荷物の収納を終え、満車の駐車場に長い待ち行列を作る車列を見ながら休暇村を後にしました。

帰りの温泉は東近江市永源寺近くにある「八風の湯」です、和風の落ち着いた雰囲気のくつろげる温泉でした。

コースタイム

 休暇村(5:10)-沖島西端(5:40)-中浜キャンプ場(7:35) 2時間25分

 中浜キャンプ場(8:20)-沖島東端(11:05)-休暇村(11:40) 3時間20分

「アウトドア31文字」

 

  西岸に 一人向かいて 艇を漕ぐ

 

       比良の山々  コンパス代わり

 

« 尾瀬燧ケ岳・2012 (二日目、朝の湿原) | トップページ | 真夏の能登半島2012.08 »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾瀬燧ケ岳・2012 (二日目、朝の湿原) | トップページ | 真夏の能登半島2012.08 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ