« ツツジの葛城山 2012 | トップページ | 夏のミニ花壇(1) 発芽 »

2012年6月13日 (水)

高島トレイル(1)愛発越から黒河峠

高島(1)愛発越から黒河峠
6月10日

ブログ開設以来早くも6年が経ちました、今回の記事から7年目になります。


梅雨が始まる6月に入りましたが、去年の琵琶湖一周ウォーキングに続き、今年のロングトレイルとして、中央分水嶺・高島トレイルを選んでみました。

マキノ愛発越(あらちごえ)から朽木桑原まで約80km、12の山と峠があるそうです。

今日は1回目の愛発越から黒河峠までです。

マキノの国境スキー場がコースのスタートですが、今日は小雨が降り寒い朝でした。

山道の案内板が少なく、ガイドブックを見ながらのハイクになりました。

霧で視界も悪く、単独で歩くには分かりにくいコース設定でした。

年内の踏破は難しいかも知れません。

Imgp0638


今回のコース略図です、写真は黒河峠に到着後撮影したものです。

Imgp0589


Imgp0590

Imgp0591


湖西線近江今津で福井行きに乗り換え、マキノ駅から出る国境スキー場へのバスに乗ります。

Imgp0594


いつも車で来ているのでバスに乗るのも初めてです。

Imgp0595


国境バス停には9時の到着でした、天気は下降をはじめ小雨が降りだしました。

Imgp0596


Imgp0597


レインウエアとザックカバーで雨対応してスキー場の斜面からスタートしました。バスから降りたのは私を入れて3名、2名の方は御一緒に来られた方で、素早くコースの中に消えて行きました。

Imgp0599

スキー場の斜面を登り切ったところに山道への入り口がありますが、右端の見えにくい場所で、リボンが一本下がっているだけです。小雨が降る急坂を歩くことになりました。

Imgp0600

Imgp0601

雨の中でも鮮やかな緑には出会えます。

Imgp0604


少し開けたところに出ますが一面の霧で展望はありません。

Imgp0605


Imgp0606

白いカーテンの向こうに最初の山「乗鞍岳」があるようです。

Imgp0607

Imgp0609_2


10:55 乗鞍岳(865.2m)に到着です。

Imgp0611


ポイント1の表示板がつけられています。

Imgp0610


登ってきた南斜面も霧の中です。

Imgp0612

Imgp0613_6


シモツケソウのような花も見ることが出来ます。

Imgp0616


このコースは福井県、滋賀県の県境付近にあるので送電線や電波塔が多く立ち並んでいます。

Imgp0617

Imgp0618_5


山つつじもまだ残っていました。次は芦原岳に向かいます。

Imgp0620

Imgp0621_5

雨は止みかけましたが風が強く、昼食をとるのも先送りになりました。

Imgp0623_4

Imgp0625_3


ほとんど歩く人のいない静かな新緑のトレイルを歩きます。鳥の声も聞こえるハイクでした。

Imgp0626

Imgp0627_3

標識はありますが距離や時間の表記がありませんでした。

Imgp0629_4

鉄塔の足元に何かあります。

Imgp0628_4


12:25 2番目の山、芦原岳(840m)に到着です、山というよりも測量ポイントですね。途中で分岐を見落として、後から来られた方に聞かなければそのまま黒河峠に下山してしまうところでした。

Imgp0630_9

芦原岳からの下山口も霧のため分かりにくく、迷いやすい地形でした。

Imgp0632_5

Imgp0633_3

歩きやすい広い道になって来ました、ゴールは近いようです。

Imgp0634_2

13:30 黒河峠に到着です、いつもは赤坂山から三国山を経由してこちらに降りてきます。

Imgp0635_4

ポイント2の標識ですが倒木が覆いかぶさっていました。

Imgp0636_8


次回はこのポイントからのスタートになります。

Imgp0639_11

13:40 軽い昼食の後、黒河峠を後にします。

Imgp0641_4

林道も大雨のため大きく浸食されています。

Imgp0643_7

林道終点に着くころには日差しが強くなり夏の風景でした。

Imgp0645_2

アスファルト道をマキノ高原に向かいます。

Imgp0647_6

15:00 マキノ高原到着です。次回はここから黒河峠へ戻り、三国山、赤坂山、粟柄越、寒風を経由してマキノ高原に戻るコースになります。

コースタイム

 国境スキー場 9:05 - 乗鞍岳 10:55 - 芦原岳 12:25 - 黒河峠 13:30

 - マキノ高原 15:00 所要時間 約6時間(休憩込)

「アウトドア31文字」

  降る雨が 緑を流し 路下る 

     青空望む 思いと共に

 

« ツツジの葛城山 2012 | トップページ | 夏のミニ花壇(1) 発芽 »

高島トレイル」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、おはようございます。

新たなロングトレイルへの挑戦!
長い道のりの走破といったように、ひとつの目標に向かって邁進するのは素晴らしいことですね。
全行程の踏破を、影ながら応援しています。

Newman様
こんにちは、ありがとうございます。
高島トレイルは湖北から京都北部にかけてのコース設定がされています。

琵琶湖一周ウォーキングのように簡単には達成出来ませんが、出来るだけツアー参加に頼ることなく、単独での終点到達を試みたいと思っています。まだ始まったばかりですが、よろしくお願いします。

こんにちは~
高島トレイル始められましたか。
私もそのうち行きたいと、先日朽木に行った際にマップを買ったところです。
雨でも霧でも山には時々の良さがありますね。

OTK 様
こんばんは、ありがとうございます。未知のトレイルのスタートに立つと、旅の展開に期待を持ってしまいますね。

登山口までのアプローチが不便なところも多いようです。テント泊で縦走出来れば楽しいでしょうね。コース上でお会いできることがあればよろしくお願いします。

ころぼっくる様

こんばんは。遂に、高島トレイルを始められたのですね。六甲全山縦走路、大阪のダイヤモンドトレイルと並んで、関西の3大トレイルと言われるルートでしょうか。
3ルートのうちでは、一番不便で、踏破が難しいと聞いたことがあります。ルート的に困難というよりは、アプローチが不便だから難しいのでしょうか。。。全線の詳しい模様、楽しみにしております。天気が悪かったようですが、次回は好天を期待したいですね。頑張って下さい~^^

いそしず 様

こんばんは、ありがとうございます。
先日2回目のコースを歩きました、登山口まで車で行けるありがたさを感じましたね。

序盤はまだ交通手段も確保し易いのですが、これから先は(トレイル区間<アプローチ)の不等式が成り立ちそうです。

部分的にツアーに参加して、情報を得たり友達を作るのも良いかも知れませんね。

またよろしければ御一緒も如何かと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツツジの葛城山 2012 | トップページ | 夏のミニ花壇(1) 発芽 »

2020年4月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ