« GW湖の旅(3)戸隠 | トップページ | 庭のミニ花壇(5) ストロベリーキャンドル »

2012年5月16日 (水)

長浜ツーデーマーチ

長浜ツーデーマーチ
5月13日
余呉から長浜まで約40kmを歩く、長浜ツーデーマーチに初参加して来ました。
4月1日に下見をしておいたので、あせることもなく五月晴れの1日を歩き通せました。

コースタイムも予定していた9時間を大きく下回り、7時55分スタートの15時10分ゴール、約7時間15分で踏破出来ました。

Imgp0474

スタートは余呉です、新快速では指定出発時間に間に合わないので、新幹線を利用しました。

Imgp0475

新大阪駅を6時8分に発車する「ひかり504東京行き」が旅の始まりです。

Imgp0476

最新のN700系に乗ることになりました、新幹線は高校の修学旅行以来40年ぶりです。

Imgp0477

Imgp0479

窓は小さく、飛行機の外観を想わせるようなデザインです。車内の雰囲気も東京オリンピックに開業した頃とはかなり異なったものでしょうね。

Imgp0480

軽い朝食です、ホームには売店があり高価な弁当も販売されていましたが、米原までなのであまりゆっくりはできません。

Imgp0482

持参したポータブルナビ「sony nav-u NV-U37」 に表示された列車の速度です、223kmになっています。独特の浮遊感があり、揺れもほとんど感じず、在来線とは異なった世界でした。

Imgp0483

35分で米原駅に到着です、新大阪駅で先頭車両の写真を撮るのを忘れ、下車して動き出した最後尾を撮りましたが、タイミングを逸してしまいました。

Imgp0484

Imgp0485

北陸線に乗り換え、余呉駅で下車です。多くの参加者が電車を降りて行きます。

Imgp0486

8時前に出発式が行われ、40kmへの挑戦がスタートしました。

Imgp0488

早朝の爽やかな青空がチャレンジャーたちを見送ります。

Imgp0490

コースの分岐点には案内板が設置され、歩きやすくなっています。

Imgp0491

8:20 北陸道の下を通過します。

Imgp0494

8:40 早めのペースで高時川を渡ります。

Imgp0497

Imgp0498

9:10 大見いこいの広場を通過です、給水やお菓子などを頂けます。

Imgp0500

Imgp0501

紫陽花の花も見ることが出来ました、季節は進んでいます。

Imgp0502

Imgp0503

9:45 川合の交差点で303号線を渡ります。

Imgp0506

9:55 己高閣の休憩ポイントを通過です。

Imgp0509

Imgp0513

広い県道332に入り、高月の田園風景の中を歩きます。

Imgp0514

Imgp0515

Imgp0516

Imgp0517

ツツジも鮮やかに咲いていました。

Imgp0518

11:05 休憩ポイントの「下山田会館」です、長浜までのほぼ中間地点になります。

Imgp0519

ここで昼食にする参加者も多いのですが、行動食で済ますことにしているので通過です。

Imgp0520

Imgp0521

365号線をしばらく歩き虎姫に向かいます。

Imgp0522

Imgp0524

Imgp0525

周辺の田んぼでは田植えが終わっていました。

Imgp0526

小谷城跡には登山道がつけられハイキングを楽しむこともできます。10年前の春に訪れました。

Imgp0531

Imgp0533

11:55 北陸道下の通過です、下見の時とは違った場所でした。

Imgp0534

Imgp0535

広々とした農道を歩きます、のどかな田園風景ですね。

Imgp0536

Imgp0537

すぐ近くに雪の溶けた伊吹山を望むことが出来ます。

Imgp0538

Imgp0539

12:30 虎姫文化ホールです、ここで軽い昼食を済ませました。

Imgp0541

ここからしばらく、「リボンの道」のような住宅街を歩くコースが設定されていました。

Imgp0542

Imgp0543

Imgp0544

Imgp0546

Imgp0548

Imgp0550

13:30 リュートプラザ通過です。

Imgp0551

お寺の掲示板です、慈悲の心を持って与え、感謝の心で頂くということでしょうか?

Imgp0552

Imgp0553

姉川に架かる大きな橋を渡り、南浜から湖岸に向かいます。

Imgp0556

Imgp0557

長浜まで4kmを切りました。

Imgp0558

14:15 最終の南浜ポイントを通過です、残りわずかになりました。

Imgp0560

琵琶湖一周ウオーキングで歩いたコースに入ります。

Imgp0561

Imgp0562

Imgp0563

Imgp0565

15:05 ようやく長浜城が見えて来ました。

Imgp0566

Imgp0567

15:10 初参加の40kmコースも7時間15分で踏破することが出来ました。

Imgp0570_2

Imgp0572

40kmの参加人数は314名です、5時までの制限時間にゴール出来たのは何人でしょうかね。

Imgp0574

長いようで短い一日が過ぎ去りました。

Imgp0578

Imgp0577

今日はビアハウスで旅の終わりです。

Imgp0575_3

「長浜驛」と書かれた駅の表札です。

Imgp0579

予定していた時間よりもかなり早く帰還できたハイクでした。

Imgp0580

参加記念品などたくさん頂きました、帽子、コースマップ、記念バッジ、ゼッケン、完歩証、スタンプカード、ガイドブックです。

Imgp0581

記念バッジ、よく出来ていると思いました。大阪チャレンジでも出来ないものでしょうか?

Imgp0583

スタンプカード、チェックポイントの記載もなく、マップ上の表示もなく、出発式での注意もない、あまり意味のないものと思いました。

Imgp0582

スタンプを押してもらって頂く完歩証です。どこかのお店のポイントカードのようですね。

「アウトドア31文字」

 春の野を 一日歩き 長浜の

    旅路の果てを 城が迎える

« GW湖の旅(3)戸隠 | トップページ | 庭のミニ花壇(5) ストロベリーキャンドル »

湖の道」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、お久しぶりです。
 湖東の余呉(駅前)から長浜(駅前)に至る約40kmにわたる長丁場、お疲れさまでした。
 それにしても約40kmの道のりを7時間台で歩き通されたとの由で、これまさしく日頃の山歩きなどの積み重ねがもたらした成果ですね《徒歩にしてはハイペース!》。

 そして、本記事に掲載された、道中で撮影された風景写真たちに、私も思わず目を奪われました───何だか自分も参加しているような気分にさせられます《ちょっと大げさな言い方になってしまってますが…》。


P.S.
 ご存じならば申し訳ありませんが、「1万人の第九」今冬開催分に係る合唱団員募集要項が公式サイトに於いて既に発表されています。
 全体として大きな変更は見られませんが、レッスンクラスによっては昨年開催分から曜日や会場が異動されているものがあります。
 募集開始まで半月足らず───私もそろそろ考えなければ、と意識を呼び起こしているところです。

南八尾電車区 様
こんばんは、コメントありがとうございます。
今回のハイクは、4月に下見を実施してなんとか時間内に辿り着ける見込みを持っていました。

当日は前日の40kmを完歩されている方々も多くおられて、スタートからかなり早いペースで行動されていました。

去年の琵琶湖一周ウオーキングも1日当たりの歩行距離は30~40kmでした。六甲全山縦走ではいくつもの山越えの道を56km走破します。

平地での移動距離としては私にはあまり負担にならない距離になっています。今年から来年にかけて「高島トレイル」(マキノから京都朽木までの約80km)を分割で歩こうと思っています。

第九は今年も日曜日のクラスになると思っていますが、29回目の抽選に当たればうれしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GW湖の旅(3)戸隠 | トップページ | 庭のミニ花壇(5) ストロベリーキャンドル »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ