« Re:氷柱の無い七曲滝 | トップページ | 厳冬の赤坂山 2012.02 »

2012年2月18日 (土)

紅葉谷から最高峰~魚屋道

Imgp9949_2

2月12日

七曲の滝から極楽茶屋跡への分岐です、9時前のスタートでした。

Imgp9951

黒い道がドライブウエイであり、茶色の縦走路と交錯しています。

Imgp9953

分岐から1時間ほどで極楽茶屋跡に出ます。

Dsc00295

朝の神戸市街から大阪湾の展望です。

Imgp9954

階段道の縦走路です。

Imgp9955

すぐ下がドライブウエイです。

Imgp9957

静かな日曜の山道です。

Imgp9958

歩く人は少なめです。

Imgp9959

石段が続きます。

Imgp9960

間もなく最高峰です。

Dsc00296

こちらも閑散とした広場でした。

Imgp9964

ただ一本だけ標識があります。

Imgp9962

山頂標(931m)です、到着は10時半ごろでした。

Dsc00298

西側にはガーデンテラスが見えます。

Imgp9965_2

一軒茶屋から有馬に戻ります。

Imgp9967_2

魚屋道の入り口です。11時ごろに入りました。

Imgp9968_2

すぐ下の沢が凍りついています。

Imgp9969_2

こちらの山道は小学校低学年でも歩けるような広くゆるい道でした。

Imgp9971_2

1時間もかからず、ロープウエイへの車道に出ます。

Imgp9973_2

下山口になります、すぐ近くには有馬温泉の旅館街があります。

Imgp9974_2

駐車場まで戻ります。

Imgp9975

朝の出発から5時間ほどで帰って来ました、短い時間でしたが楽しいハイクでした。

Imgp9976_2

受付の建物は古くなったゴンドラのようです。

Imgp9977

帰りの温泉は小野市の「白雲台温泉ゆぴか」です、伊吹山、七曲の滝、六甲を巡る車中泊2泊3日のミニ山旅が無事に終わりました。

「アウトドア31文字」

 雪の山 氷の滝を 巡り来て

    近づく春に 想いを馳せる

« Re:氷柱の無い七曲滝 | トップページ | 厳冬の赤坂山 2012.02 »

六甲全山縦走」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

近くにお見えだったんですね。

伊吹山は長らく登っていないから登りたいお山なんですよ。

昨日有馬から七曲の滝、百聞滝、似位滝から極楽茶屋、そして山頂から宝塚までを歩いたけど簡易アイゼン持参で正解でした。

beso 様
こんにちは、ありがとうございます。
伊吹山も天気によって登山の難易度が大きく変わってしまうことが良く分かりました。

今年は春の間に須磨からの全山縦走を一度やってみようと思っています、明るいうちにゴール出来ればいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Re:氷柱の無い七曲滝 | トップページ | 厳冬の赤坂山 2012.02 »

2020年3月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ