« 雪の御在所岳 | トップページ | 雪の愛宕山 »

2011年1月17日 (月)

赤坂山スノーハイク

赤坂山スノーハイク
1月16日
滋賀県のマキノ高原から赤坂山のスノーハイクに来ました。

天気予報通りの強い寒気とサラサラの粉雪が舞い散る、モノトーンの風景がスキー場や登山道に展開しています。

新雪がふかふかに積もり、自分のスノーシューが一歩一歩トレースを残して行きます。

写真は途中にある休憩所(ぶなの木平)です、童話から抜け出して来たような、かわいい姿です。
今日は山頂まではコースアウトしそうな気がしたので、ここまでで切り上げました。 (^_^;)  

Optio_002 Optio_004 Optio_006       

湖西道路を降り、161号線を北上します、沢交差点を左折するとマキノ高原方面への入り口になり、少し先にはメタセコイア並木があります。思ったよりも木には雪がなく期待外れでした。       

Optio_011 Optio_009 Optio_012          

朝5時半発で堅田付近のファミレスで朝食にして、雪による徐行でマキノ高原駐車場には10時前に着きました。車を降りても雪は止まず硬めの粉雪(たぶん粒状)が吹きつける中スタートしました。  

Optio_015 Optio_016 Optio_017          

スキー場の奥に登山口があり、最初から急登が続きます。

Optio_019 Optio_020 Optio_022              

静かな林に新雪が積もり登山道を覆い隠しています。微かなくぼみと何度か歩いた記憶を基にコースを探ります。

Optio_024 Optio_026 Optio_029            

北横岳のような樹氷はありませんが、雪景色も楽しめました。  

Optio_031 Optio_032 Optio_033           

雪が深くなり、標識も埋まってしまいます。

Optio_034 Optio_035 Optio_036        

このあたりから登山道が完全に識別出来なくなり、少し迷いながら勘を頼りに「ぶなの木平」に到着しました。       

Optio_037 Optio_038 Optio_039            

天気も回復する見込みもなく、単独で歩く危険もあるので軽い昼食の後、撤退を決めました。ペットボトルのコーヒーを温め、少しの間くつろげました。

Optio_040 Optio_043 Optio_044            

雪の壁が周りを囲みます、雪洞でも掘れそうな程の雪の量です。私は下山しましたが途中で出会った2名の方は山頂を目指したようでした。

Optio_046 Optio_047 Optio_049        

ネコヤナギのような蕾(?)が雪に包まれています、春を待っているようです。 

Optio_051 Optio_054 Optio_055           

登る時に付けたトレースが、早くも降り続ける雪でかき消されようとしています。大きな木の下の空洞には、雪の雫が氷になっていました。

Optio_052 Optio_056 Optio_058            

下りはかなり楽に歩け、スキー場も見えて来ました。

Optio_059 Optio_060 Optio_061          

駐車場に着いてみると僅か3時間半で、白塗りになってしまいました。帰りには5ミリぐらいの直径を持つ雹(ひょう)が攻撃してきました。5ミリ以下は霰(あられ)と呼ばれているそうです、微妙な大きさでした。   

Optio_062 Optio_063 Optio_064           

雪道の渋滞を避けるために、午後2時ごろ出発しました。161号線、湖西道路もさすがに混むことはなく早い帰着となりました。

コースタイム

マキノ駐車場(10:00)-登山口(10:30)-ぶなの木平(12:00) 休

ぶなの木平(12:25)-登山口(13:15)-駐車場(13:30)

「アウトドア31文字」

新雪に 付けたトレース 埋め尽くす 

          白い粉雪 おかわり自由 

以前の記事へのリンク  2008年9月 

                2007年2月

« 雪の御在所岳 | トップページ | 雪の愛宕山 »

湖北の山」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、
コメントありがとうございます。

雪山登山をされるんですね。
ものすごい雪の降る中、
スキー場まで行って帰ってくるのは
大変だったでしょう。

樹氷に朝陽があたっている写真、
すごいですね。
僕も父と一緒に時々山に登りますが、
山に登った者にしか撮れない山岳写真は、
価値あるお土産になりますね。

コーディー様
こんばんは、ありがとうございます。
赤坂山は初めてスノーシューハイクのツアーに参加して、雪山の楽しさを体験したところです。

足跡も無い白い雪原を雪まみれになりながら歩くのも良いものです。雪が創りだす風景は童話の世界ですね。

こんにちは!
「スノーシューハイク」って初めて聞きました。
山にはいろんな楽しみ方があるのですね。
勉強になりました。

sunapon様
こんばんは、ありがとうございます。雪が凍結した登山道ではアイゼンが使用されますが、降り積もった深い雪にはスノーシューが役に立ちます。

雪に潜り込むこともなく、快適に歩くことが出来ます。また春が来るまで雪山で遊ぶつもりです。

ころぼっくるさん、こんばんは。

毎週アクティブなアウトドアに脱帽です。
スノーシューは楽しそうですね。
ワカンよりも歩きやすいと聞いたことがあります。
天気さえ良ければ雪中ピクニックも楽しいですね。
雪洞で鍋を囲めば最高です。

おはようございます。
冬山をしっかり楽しんでますね。
マキノ高原は昔スキーに行った記憶がありますが、赤坂山は知らなかったです。
雪山はみごとですね~♪

ちゅた様
こんばんは、ありがとうございます。
スノーシューに慣れてしまえば、道なき雪原に自分の思いのままの足跡を残すことが出来ます。

しかし一晩であとかたも無くなってしまうのが雪山の楽しいところですね。

beso様
こんばんは、ありがとうございます。
赤坂山の春はスミレ、カタクリ、イワカガミなど多くの花が咲く美しい山になります。 
また花の季節に訪れたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の御在所岳 | トップページ | 雪の愛宕山 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ