« 一万人の第九 2010(レッスン5) | トップページ | 紅葉の武奈ヶ岳 2010 »

2010年11月 6日 (土)

紅葉始まる縦走路 2010

紅葉始まる縦走路 2010
11月3日

六甲全山縦走の本番も20日後に迫りました。

今回は、10月28日にフルコースに挑戦され、悪天候により市ヶ原でリタイアされた、いそしずさんと再び全コースの踏破を目標に、まだ暗い須磨浦公園を後にしました。

Optio_004 Optio_008 Optio_009       

ヘッドランプに浮かび上がるスタートの登り坂です、4:15でした。今日はいそしずさんと同行ですが、1時間の時間差をつけての出発です。鉄拐山、おらが茶屋は暗闇の中です。見上げると星空が広がり、眼下には地上の銀河のような夜景が望めます。

Optio_011 Optio_012 Optio_013       

400階段、栂尾山、横尾山を過ぎるころ明るくなり出します。

Optio_015 Optio_016 Optio_018  

須磨アルプスを越えます、振り返れば下って来た斜面が見送ってくれます。

Optio_019 Optio_020 Optio_021_2         

東山の時計も珍しく止まっているようです。妙法寺を越え高取山を通過すると夜が明け、明るい日差しが縦走路を染めます。

Optio_022 Optio_023 Optio_024_2             

安井茶屋は7:50ごろでしたが、須磨を5:15にスタートしたいそしずさんに、このころ追い越されているようです。  

Optio_025 Optio_026 Optio_027        

丸山町の幼稚園を過ぎ、鵯越駅を通過して菊水山の登山口に着きます。 

Optio_028 Optio_029 Optio_030           

少し紅葉も現れる急登を越え、青空の中の菊水山に到着です。

Optio_031 Optio_032 Optio_033        

再び下降し、吊橋を渡り、鍋蓋山への登りです。

Optio_034 Optio_035 Optio_036         

鍋蓋山を越えると、比較的広く歩きやすい道を市ヶ原に向って下ります。 

Optio_038 Optio_039 Optio_040    

大龍寺を通過し、市ヶ原に着きました、前半の終了です。須磨からの所要時間は7時間10分でした。

Optio_041 Optio_042 Optio_043           

休憩の後、摩耶山へのコースに入ります、ハイキング客も増えて来ます。掬星台には1時ごろの到着でした。      

Optio_044 Optio_045 Optio_046        

少し寒くなりそうな掬星台を後にして、ガーデンテラスへ急ぎます。

Optio_047 Optio_048 Optio_049       

丁字ヶ辻、記念碑台、ガーデンテラスを通過します。

Optio_050 Optio_051 Optio_054            

ドライブウエイを歩くと夕日に映える紅葉が楽しめます。      

Optio_053 Optio_055 Optio_056           

一軒茶屋はまだ営業中でしたが、ランプなどの準備をしている間に閉まってしまいました、4時までのようです。

Optio_057 Optio_058 Optio_059           

鉢巻山トンネルをくぐり、東六甲分岐に到着です、またナイトハイクが出来そうな時間でした。

Optio_060 Optio_061 Optio_062        

闇の中の大平山、大谷乗越を通過して塩尾寺に辿り着きました。宝塚の夜景を楽しみながら急な舗装道路を下ります。

Optio_063

19:50 今年の最終トレーニングが終わりました、いそしずさんは3時間ほど前にゴールされたようです。初めてのフルコース走破で11時間30分の好記録を出されました。おめでとうございます、本番はこれ以上の記録が期待できると思います、当日も気軽に楽しんで下さい。

コースタイム (比較は前回10月17日、ナイトハイクの全山縦走、5分単位で記載してます)

       今回     前回 

須磨公園 4:15    3:50  

高倉山   5:05    4:50    

妙法寺   6:45    6:20    

鵯越    8:40    8:10    

菊水山   9:40    9:20  

鍋蓋山  10:45   10:30    

大龍寺  11:10   11:00   

市ヶ原   11:25   11:15    

掬星台   13:05   13:15   

記念碑台 14:45   15:00   

Gテラス  15:20   15:40    

一軒茶屋 16:10   16:30   

東分岐  16:30   16:50  

大平山  17:40   18:00   

塩尾寺  19:10   19:25   

湯本台  19:50   20:05  

所要時間 15時間35分 前回より25分遅く出ているので45分の短縮が出来ました。

« 一万人の第九 2010(レッスン5) | トップページ | 紅葉の武奈ヶ岳 2010 »

六甲全山縦走」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

全縦のフルコースのトレーニング、完走おめでとうございます。
好天で紅葉が鮮やかですね。
全縦は時間を気にしないで歩くのも楽しいものです。
私は本番があと一週間だというのに、全く練習が出来ておりません(^^;
まあ当日は、お祭り気分で楽しみましょう~。

ちゅた様
こんばんは、ありがとうございます。
兵庫100名山を踏破されてしまうと、全縦もお祭り気分ですね、恐れ入ります。

二回目の今年は余裕を持って楽しみたいと思います。(^-^;

ころぼっくる様、こんばんは。

短期間のうちに連続の全縦、お疲れさまでした。途中でお会いできると思っていましたが、高取山でタイミングも悪く、気付かないまま通過となってしまい、残念です。

本番は時間を気にせず、楽しめたらと思います。大会の雰囲気は想像するしかないですが、2,000人がゴールを目指す光景は、きっと壮観なんでしょうね〜。気持ちも高ぶると思います。

本番まで本当に、あと少しとなってきましたね。どうか、よろしくお願い致します^^

いそしず様
こんばんは、ありがとうございます。
2000名の参加者は、生駒チャレンジのスカイウオークの約4倍です。上空からエンジン付きのパラグライダーで見学出来たら楽しいでしょうね。

当日は楽しく歩きましよう (o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一万人の第九 2010(レッスン5) | トップページ | 紅葉の武奈ヶ岳 2010 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ