« 最上山公園 | トップページ | 晩秋の原生林道 »

2010年11月25日 (木)

六甲全山縦走大会 2010

六甲全山縦走大会 2010
11月23日
恒例のKOBE六甲全山縦走大会に今年も参加して来ました。
去年は初参加のため12回のトレーニングをしましたが今年は秋からの5回(フルコース2回)で終わりました。  

Optio_003 Optio_004_2 Optio_006   

今回はいそしずさんと新開地で待ち合わせ、スタートの須磨浦公園には4時ごろの到着でした。早くも長い行列が出来ていて、5:15の出発になりました。

旗振山通過は5:40です、いそしずさんは鉢伏山付近で視界から消えていました。

Optio_008_2 Optio_009_2 Optio_010            

高倉台交番を6:04に通過し、最初の急坂である400階段、栂尾山を越え須磨アルプスに向かう山道では、渋滞になり休憩しながらの通過でした。

Optio_011_2 Optio_012_2 Optio_013_2         

岩場の上にもボランテイアの方が見守っておられます。ボランテイアをするならあの位置に立ってみたいですね。東山には6:57に着き、次の高取山を望みます。

Optio_014_2 Optio_015_2 Optio_017_2        

紅葉の住宅街を過ぎ、妙法寺から高取山への登りになります。

Optio_018 Optio_019 Optio_020      

高取山を8:00に通過し、バナナを売っている月見茶屋前を下ります。

Optio_021 Optio_022 Optio_023        

低めの気温、寒そうな海面に天使の階段が降りています。安井茶屋で短い休憩を済まし、丸山町から鵯越駅に進みます、「限界状況」今日の言葉、身にしみますね。

Optio_024 Optio_025 Optio_026      

駅前通過8:44でした、落ち葉の舞う縦走路を前半の壁、菊水山に近づきます。

Optio_027 Optio_028 Optio_029            

紅葉を楽しみながら菊水山の登りにさしかかります。

Optio_030 Optio_031 Optio_033         

急坂を登る行列が続きます、途中で休憩される方もおられますが、一気に駆け上がるのがベストですね。山頂では青空が広がり爽やかな風も吹いています。

Optio_034 Optio_035 Optio_036  

9:45に菊水山を制圧してチェック印を押してもらい、次の鍋蓋山に挑みます。

Optio_037 Optio_038 Optio_040           

鍋蓋山10:43 前回の練習タイムより1時間の短縮です。

Optio_041 Optio_042 Optio_043    

大龍寺11:10でした、市ヶ原まで広い道と紅葉で前半が終わりかけます。

Optio_044 Optio_045 Optio_046       

少しの区間ですが縦走の苦しさから解放されるひと時です。

Optio_047 Optio_048 Optio_049   

一般のハイキング客も多く、知らない人が見たら縦走会は異様な雰囲気を持っているかも知れませんね。

Optio_050 Optio_051 Optio_052         

市ヶ原を休憩なしで11:23通過です、摩耶山電波塔前は12:49でした。

Optio_053 Optio_054 Optio_055         

掬星台12:54到着でした、20分ほど休憩して記念碑台、ガーデンテラスを目指します。 

Optio_056 Optio_057 Optio_058          

15:00観光客や焼き肉の匂いで溢れるガーデンテラスを後にして、一軒茶屋、東分岐へ車道を歩きます。

Optio_059 Optio_060 Optio_061          

夕暮れ迫る展望を撮影し、15:40一軒茶屋に着きます、ランプとメモリーオーデイオを準備して、ナイトハイクの下山に対応します。かなり気温も下がり冬の寒さでした。

Optio_062 Optio_063 Optio_064   

鉢巻山トンネルを越え、最終チェックポイントで検印を受け、塩尾寺までの長い山道に突入します。

Optio_065 Optio_066 Optio_068        

日の入りは16:50、東分岐通過は16:05でした。いそしずさんはこの直後16:10に宝塚ゴール到着されたようでした。大平山17:00通過後はランプが無いと真っ暗です。ほとんど単独で歩き、塩尾寺着は18:12、宝塚の夜景も楽しめます。

Optio_069 Optio_071 Optio_072    

塩尾寺を通過するときメモリーオーデイオから流れる音楽は、偶然にもヘンデルのメサイア「ハレルヤコーラス」でした。頭の中で「ハレルヤ」が飛び交う中、ゴールまでのアスファルトの急坂を下ります。到着時間は18時45分です、休憩込で13時間30分の所要時間でした。

Optio_002 Optio_003 Optio_004        

参加証と記念品です、盾のデザインは同じですが花の図柄はベニドウダンツツジからササユリに変えられていました。毎年変わるようですね。

今年も無事完走出来て縦走会を終えることが出来ました、申込書を手配して頂いた、ちゅた様、トレーニングに同行頂いた、いそしず様、ありがとうございました。

コースタイム(休憩込)

須磨浦公園 (5:15) - 旗振山 (5:40) - 400階段 (6:10) - 須磨アルプス (6:45) - 妙法寺 (7:22) - 高取山(8:00) - 鵯越駅(8:44) - 菊水山(9:45) - 天王吊橋 (10:13) - 鍋蓋山(10:43) - 天龍寺 (11:10) - 市ヶ原(11:23) - 掬星台(12:54) - 記念碑台 (14:33) - ガーデンテラス (15:00) - 一軒茶屋 (15:40) - 東分岐 (16:05) - 大平山(17:00) - 塩尾寺(18:12) - 湯本台ゴール(18:45)

                          所要時間 13時間30分

« 最上山公園 | トップページ | 晩秋の原生林道 »

六甲全山縦走」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくる様、こんばんは。

六甲全山縦走大会、完走、おめでとうございます。そして、お疲れ様でした~。スタート地点にご一緒することができ、そして大会の雰囲気を初めて味わうことが出来ました。本当に楽しかったです。ありがとうございました^^

練習時からも大変お世話になりました。スタート地点で待つ、静かな興奮、前半の高揚感、そして後半の苦しみと忍耐、その後に来るゴールの感動。それら1つ1つを実感できたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

またアウトドアでご一緒したいですね。来年の登山は、やはり日本アルプスでしょうか。2,000m以上の山には、一度も行ったことがありませんので少々不安ですが。。。^^;
今後とも、よろしくお願い致します^^

ころぼっくるさん、こんばんは。

完走おめでとうございます。
いつもながら丁寧なご報告がころぼっくるさんらしいですね(^^)。
数えましたら少なくとも67枚もの写真を撮っておられます。1枚1分としても67分かかるわけで、13時間30分はすばらしいタイムと思います。
まだ残っているかもしれません、筋肉痛が達成感を持続させているのではないでしょうか。
打ち上げ、楽しみにしています…♪

いそしず様
こんばんは、ありがとうございます。初参加にもかかわらず、ベストタイムでの完走はいそしずさんのチャレンジ精神が発揮されたと思います。

縦走コースは第九の曲想に似ているような気がしてきました。(御存知でしたら幸せですが)。

夜明け前の暗闇の中、静かに集まった参加者が一斉にファンファーレと共にスタートする第一楽章。鉢伏、旗振、須磨アルプスを快適に飛ばす先頭集団。

高取を越え丸山町から鵯越、菊水、鍋蓋をアップテンポで突き進む第2楽章。

大龍寺へのなだらかな下りを散策し、摩耶山への長い登りをゆっくり辿る第3楽章。

掬星台からガーデンテラスを越え、東分岐に進む4楽章前半。分岐を越え宝塚まで過激に降下する「合唱」部。ゴールで迎える終結句と大きな拍手。

2000人のオーケストラとコーラスが聞こえてきそうですね。

アルプスもいそしずさんにとっては、何も問題なく絶景のハイクを楽しめるものと思います。

次はアルプス全山制覇ですね。(o^-^o)


ちゅた様

こんばんは、ありがとうございます。今回の撮影枚数は72枚でした。時間的には1枚当たり10秒程度でしょうか? 質より量で時間の記録程度のものです。

ちゅたさんの縦走記念品を拝見させて頂きたいですね。7個の盾の花のデザインに興味があります。

祝賀会、よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最上山公園 | トップページ | 晩秋の原生林道 »

2019年5月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
Photo_84
7
Alp03739
8
9
Dsc00383
10
Wg3_2730
11
Photo_93
12
13
Kimg3479
14
15
16
17
Alp03331
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ