« 北岳2010 | トップページ | 山麓リボンの道−3(地下鉄大倉山から神鉄長田まで) »

2010年9月27日 (月)

六甲に架かる橋2(妙法寺からガーデンテラス)

六甲に架かる橋2(妙法寺からガーデンテラス)
9月26日
今日は六甲縦走路、妙法寺からガーデンテラスまでを歩いて来ました。

高取、菊水、鍋蓋、摩耶の主要な山を巡る中核ルートです。

少し涼しくなりかけてはいましたが、踏破するにはまだ暑い一日でした。

0012 Optio_003 Optio_005

日曜の明るい朝、新神戸駅からスタートしました。妙法寺駅から縦走路に向かいます。

Optio_006 Optio_007 Optio_008   

前回のコースアウト地点です、6:50でした。阪神高速神戸山手線の高架橋の下をくぐり、7:00に妙法寺交差点に着きます。

Optio_009 Optio_012 Optio_013  

高取山を下り、最初の橋は大日川に架かる鷹取橋です。川というよりも側溝のような流れです。     

Optio_015 Optio_016 Optio_017         

丸山町の小羊幼稚園、教会の言葉は「岐路」(1.道が分かれるところ。 2.将来が決まるよう重大な場面)でした。

Optio_018 Optio_019 Optio_020          

苅藻川に架かる鵯大橋を渡り、急坂の続く住宅街を過ぎると鵯越駅に着きます。 

Optio_021 Optio_022 Optio_023

駅を越え菊水山へのルートに入ります、最初の小さな橋、山麓バイパスの原大橋が見えます。次は神戸市建設局水環境センターへの譲原橋です。 

Optio_026 Optio_027 Optio_029               

下水処理場を過ぎると、石井ダム手前に、菊水山に続く山道に架かる橋があります。いよいよ前半の壁「菊水山」への登りが始まります。

Optio_030 Optio_031 Optio_033        

ノンストップで登り切り、25分で山頂に着きました。神戸の街が爽やかに展望出来ました。

Optio_034_2 Optio_036_2 Optio_037         

過去の記事で何度か紹介している天王吊橋です、菊水山と鍋蓋山をつなぐ橋です。須磨からの全縦コースがジオラマのように確認出来ます。

Optio_038 Optio_039 Optio_040          

山道を下ると大龍寺に着きます、市ヶ原へ向かう道の大きな橋です、名前は確認できませんでした。

Optio_041 Optio_043 Optio_044           

生田川の上流に架かる小さな橋です、市ヶ原で休憩して摩耶山を越えました。  

Optio_045 Optio_046 Optio_047  

掬星台からの神戸の展望です、空港も見えました。丁字ヶ辻、記念碑台、コースも終わりにさしかかります。      

Optio_048 Optio_049 Optio_050         

少し予定よりも遅くなりましたが、4時ごろガーデンテラスに到着しました、同行頂いた「いそしずさん」と待望のビールで乾杯して、今回のトレーニングを終えました。  

Optio_051 

いそしず様

今回は大変御世話になり、ありがとうございました。全コース踏破の自信がつくまで歩き続けましょう (o^-^o)

コースタイム(休憩込)

妙法寺交差点(7:00)-高取山(7:40)-鵯越駅(8:30)-菊水山(9:40)-天王吊橋(10:10)-鍋蓋山(10:45)-大龍寺(11:20)-市ヶ原(11:35)-掬星台(13:30)-丁字ヶ辻(15:10)-記念碑台(15:30)-ガーデンテラス(16:10)

所要時間 約9時間10分

« 北岳2010 | トップページ | 山麓リボンの道−3(地下鉄大倉山から神鉄長田まで) »

六甲全山縦走」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

暑さも一時のことを思えば涼しくなりましたが、それでも日曜日は結構暑かったですね。
ご苦労様です。

全山縦走ですから、尾根すじをのぞけば谷をいくつも超えるわけで、橋に目を付けるとは思いつきませんでした。
56kmの間でいくつの橋を渡るのでしょう?おもしろいです~~。

ちゅた様
こんばんは、ありがとうございます。縦走路の橋といっても、色々なタイプがあるのに気がつきました。

川に架かる橋、道路を越える陸橋、森の中の小さな橋、車道が頭上を走る陸橋、ドライブウエイの側道に付けられた歩道橋、橋の定義を考えさせられています 

ころぼっくる様、こんばんは。

よく晴れた1日になりました。登山するには少し暑いくらいの気温でしたね。いくつもの山を越えていく、縦走路でも肝となるような部分をご一緒でき、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

醍醐味の一部分を垣間見れたような気がします。後で地図で計算し、25~26km程しか移動していないことを知り、少々愕然と致しました。全行程の約半分。。。全線を体験しないと本当の姿は見えないのかも知れません。体力の限界に挑戦する形になるとは思いますが、頑張りたいと思います。今後とも、よろしくお願い致します^^

いそしず様
こんばんは、ありがとうございます。本番の日は2000人と一緒に歩くので、自分のペースを守るのが大切になって来ます。

全コースを歩き切る感動を体験してくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北岳2010 | トップページ | 山麓リボンの道−3(地下鉄大倉山から神鉄長田まで) »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ