« 初夏の燕岳2010ー3(2日目・夜明けから下山まで) | トップページ | 天竜川ライン下り »

2010年7月21日 (水)

千畳敷カール

千畳敷カール
7月18日
梅雨の明けた長野県中央アルプスの千畳敷カールです。

澄み切った青空に宝剣岳(2931m)がくっきりと姿を現し、雪渓の残る斜面には夏の高山植物が登山客を出迎えます。

Optio_002 Optio_008 Optio_009               

6時ごろの駒ケ岳サービスエリアです、到着は2時ごろでした。菅の台バスセンタ-の駐車場は早朝から満車で、少し先の「黒川平」バス停付近の駐車場まで進みました。

何台か満員のバスを見送りながらロープウエイ乗り場の「しらび平」に着きます。

Optio_014 Optio_011 Ist_006                

近くには遊歩道があり森の散策もできます、1時間程度の待ち時間で歩けました。

Ist_013_3 Ist_016 Ist_020         

ギンリョウソウも少し咲いていました。  

Optio_017 Optio_018 Optio_019            

9時ごろのロープウエイに乗ることが出来ました、定員60名でバスを降りるときに整理券が配られます。     

Ist_032 Ist_033 Ist_036           

8分ほどで千畳敷に到着し、2612mの高原に立つことができます。甲斐駒ケ岳、地蔵岳、仙丈岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、富士山、塩見岳 南アルプスの名山が晴れた空に浮かび上がります。 赤い建物がロープウエイ駅と千畳敷ホテルです。    

Ist_022 Ist_037 Ist_035              

カールには残雪が残り、青空に良く映えています。

Optio_034 Optio_035 Optio_037            

斜面にはお花畑が広がり1時間程度で散策出来ます。  

Ist_062 Ist_064 Ist_028              

ショウジョウバカマです、八丁坂までの斜面で一番多く咲いていました。

Ist_048 Ist_065 Ist_049

シナノキンバイ、コイワカガミ、キバナコマノツメです、カール付近の主な花でした。1週間前までは雪が残っていたそうです。私は燕岳にいました。 

Ist_058 Ist_059 Ist_060           

雲が斜面を駆け上がりアルプスを隠します。  

Ist_057 Ist_056 Optio_033       

ウラジロナナカマド、ミツバオウレンです。        

Optio_038 Optio_039 Optio_040             

千畳敷から極楽平に向かいます。途中には雪渓もあります。 

Optio_043 Optio_046 Optio_047_2         

40分ほどで極楽平に着きました、空木岳(2863m)に至る尾根と三沢岳(2846m)です。

Optio_048 Optio_052 Optio_053          

宝剣岳の手前まで行ってみました、今回は父が同行し千畳敷に待たせてあるので写真撮影だけで引き返しました。  

Ist_070 Optio_041 Optio_064       

コマウスユキソウ(エーデルワイス)は美しい白い花です、羽毛のような毛が花に付いています。   

Optio_058 Optio_057 Optio_056        

ハクサンイチゲ、ミヤマシオガマ、高山に咲く花です。  

Optio_060 Ist_073 Ist_068           

タカネツメクサ、イワツメクサ、アオノツガザクラです。今回もたくさんの花に出会えました。

 Optio_065 Optio_067 Optio_066          

雲が湧き上がる斜面を下ります、昼食はロープウエイ駅のレストランで名物のソースカツ丼にしました、キャベツの上に1枚のカツが乗り、ボリュームがありました。 

« 初夏の燕岳2010ー3(2日目・夜明けから下山まで) | トップページ | 天竜川ライン下り »

中央アルプス」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

千畳敷カール見事です。天気にも恵まれて、いい休日となったようですね。最初の写真、何が写っているのかと思えば。。。よく捉えられましたね^^

お花畑が本当に見事です。六甲高山植物園でもエーデルワイスに出会えましたが、こういった場所で見る花は、やはり印象が違うのでしょうね。

ころぼっくるさん、こんにちは。

好天の中央アルプス、花もたくさんでよかったですね。
花もきれいですが、空の色もいいですね。
こちらのロープ-ウェイは一気に稜線近くまで登れてとても価値がありますね~。
私は木曽側からも登りましたが、静かでいい感じでした。

一枚目の写真、中央上部の虫?はヘリコプターかと思いました(笑)。

いそしず様
こんばんは、ありがとうございます。虫の写り込みは携帯で撮っていたので気がつきませんでした。
極楽平で出会ったエーデルワイスは本当にきれいでした、稜線の砂礫に揺れる花は植物園に移植されたものとは別の生命力をもっていますね。

ちゅた様
こんばんは、ありがとうございます。この日の天候は夏の新鮮な青でした。ライトブルー、コバルト色、エメラルドブルー、どれでもないアルプスの大パノラマ天然の空色ですね。

偶然写り込んだ昆虫は大きさの感じがつかめないのでモスラ(?)に似ていますね (o^-^o)

ころぼっくるさん、こんばんは。

千畳敷カールの記事、やっとじっくりと見させていただきました。
ここは、実家の父が行ってみたいといっている場所で、
私個人としてもとても関心があります。

コマウスユキソウの花がとても美しいですね♪
「コマ」というのは当然「駒ヶ岳」の「駒」からのネーミングですね?
ミネウスユキソウなどよりも白い綿毛が多くて、
まさしく「薄雪草」という感じがします。

Newman様
ありがとうございます、千畳敷カールの花はまだこれからです。8月に入ればもっとたくさんの花でお花畑を飾ることになると思います。

稜線から木曽駒ケ岳までは展望も拡がり、固有種のコマウスユキソウにも出会えます。去年歩いた南アルプスの山並みと美しい花を楽しんでください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の燕岳2010ー3(2日目・夜明けから下山まで) | トップページ | 天竜川ライン下り »

2020年9月

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ