« 紫陽花の矢田寺 | トップページ | 初夏の燕岳2010-1 (1日目・燕山荘まで) »

2010年7月 4日 (日)

ガムボトルでミニ小鉢

ガムボトルでミニ小鉢
7月4日
先週に続いて、梅雨の中休みの晴れた1日でした。

テレビで見たペットボトルのキャップを利用した植物の栽培をヒントに、ガムボトルを植木鉢替わりに花の種を蒔いてみました。            

Optio_002_2 Optio_003 Optio_004            

ボトルの底に穴を開け小石を敷きます。土を少量入れて小鉢の完成です。

Optio_006 Optio_007              

花の品種は「トレニア ピッコロミックス」です。ホームセンターで探しましたが、7月に蒔けるものはこれだけでした。2cm四方ほどの小さな袋に細かい粒子のような種が入っています。

うまくいけば10日から2週間程度で発芽し、苗になれば植え替えをして25cmほどの草丈になるそうです。発芽と成長が楽しみです。

« 紫陽花の矢田寺 | トップページ | 初夏の燕岳2010-1 (1日目・燕山荘まで) »

園芸」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

室内栽培もいつも目が届くので楽しいですね。
植物は生長が早いので見ながら育てるのも面白いと思います。ガムボトルはエコなアイデアですね~。

そのうちベランダ菜園→貸し農園ですね。(^o^)

ちゅた様
こんばんは、ありがとうございます。七年前に亡くなった母親の田舎は和歌山県橋本市の農家でした。

小学校の頃は夏休みになると、いつも遊びに行って自家製のスイカをいただいていました。うまく開花すれば、秋蒔きの花に挑戦したいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫陽花の矢田寺 | トップページ | 初夏の燕岳2010-1 (1日目・燕山荘まで) »

2019年12月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ