« 雨のつつじ園 | トップページ | 山麓リボンの道−2(JR六甲道から新神戸) »

2010年5月31日 (月)

相生ペーロン祭

相生ペーロン祭り
5月30日
JRの駅に貼られていた観光ポスターで相生ペーロン祭を知り、出かけてみることにしました。

20名ほどで船を漕ぎ、片道300mのコースを往復するものです。

朝9時ごろから始まり60以上のチームが競い合います。       

Optio_001 Optio_007 Optio_008            

会場の相生湾です。最寄りの「道の駅あいおい白龍城」の駐車場には9時ごろ着きましたが、ほとんど満車状態で自分の車を停めると残りわずかでした。   

Ist_012 Ist_019 Ist_011_2         

観覧席の最前列には、大きな望遠レンズや三脚を持参されたカメラマンが並びます。

Ist_013 Ist_014 Ist_015        

スタート地点から300mの場所にコース別に4本の旗が立てられています。ペーロン船はここで「やり廻し」をしてUターンします。短い回転半径で曲がるのがポイントのようです。

Ist_021 Ist_022 Ist_023            

3艇か4艇でレースが行われ、1レースごとにチームの紹介と着時間の発表があります。 

Optio_009 Optio_010_2 Optio_011_2            

ナックルフォアと呼ばれる4人漕ぎのボート競技も行われました。   

Optio_013 Optio_014 Ist_032           

道の駅にはペーロン船も展示されていました、体験乗船も出来るようです。カヤックには無い楽しさがありそうですね。

« 雨のつつじ園 | トップページ | 山麓リボンの道−2(JR六甲道から新神戸) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ころぼっくるさん、こんばんは。

道の駅あいおい白龍城は何回か行きました。
相生ペーロン祭の船も展示されていました。
生で見ると迫力なのでしょうね。
漕ぐのも面白そうですが、短時間勝負で体力的にはとてもキツイ感じがしますね~。

ちゅた様
こんばんは、ありがとうございます。船の速さは600mを3分から4分で漕いでいるので、時速9~12kmになります。

漕ぎ方から見るとカヤックではなくカヌーになりますね。マキノ浜から竹生島周回のレースをすると面白そうです。(o^-^o)

ころぼっくるさん、こんばんは。

道の駅あいおい白龍城は、私も何度も立ち寄ったことがあります。温泉も付いた大きな道の駅ですね。2008年11月に決行した神戸→岡山の長距離サイクリングの時も、この道の駅にお世話になりました。

相生ペーロン祭は、まだ見たことがなく、駅でも案内が出ていましたので、実はお邪魔しようかとも考えていたのですが、ついついポートタワー(の階段)と神戸文学館の方に足が向いてしまいました。。。

相生ペーロン祭の様子を知ることができて良かったです。来年は見にいってみます~^^

いそしず様
こんばんは、ありがとうございます。ペーロン祭に行かれるのでしたら、観覧席は大きな石段ですので、キャンプ用のざぶとんがあれば役に立ちそうです。

ポートタワーは六甲縦走路からも見ることは出来ますが、まだ入ったことはありません。リボンの道の帰りにでも寄ってみたいと思います。

ころぼっくるさん、こんばんは。

ペーロン船とは面白い名前ですね。
なんだか南方系のような語感にも思えます。
長崎とかにもこのような船のお祭りがありませんでしたっけ?

実際にカヤックを操られているころぼっくるさんの目から見ると、我々とはまた違った視点で楽しめるのかもしれませんね。

Newman様
こんばんは、ありがとうございます。ペーロンは[白龍 パイロン]であり中国が発祥の地です。日本には長崎に伝わり、さらに長崎出身の播磨造船所従業員が相生に伝えたらしいです。

カヤックよりも、ラフティングに似た漕ぎ方です。四国の吉野川で乗ったことがありますが、夏の暑い日には楽しい水遊びです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨のつつじ園 | トップページ | 山麓リボンの道−2(JR六甲道から新神戸) »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ