« 雨のセツブンソウ | トップページ | 藤原岳の福寿草2010 »

2010年3月18日 (木)

日生の焼き牡蠣

日生の焼き牡蠣
3月17日
平日ですが公休を取り去年の大混雑に巻き込まれた、日生の焼き牡蠣を食べに行って来ました。

殻のまま焼くので、炭火で熱くなった牡蠣がはじけ、開いた殻から身を食べる豪快なバーベキューです。

写真はソフトクリームに2個のカキフライを刺したカキフライソフトです。刺身醤油がかかっていますが、意外と良い味を出しております。

Optio_031 Optio_029 Optio_028            

赤穂インターに10時ごろ着き 、時間があるので赤穂海浜公園に寄りました。天気が良いのですが水曜日の朝のためほとんど入場者はありません。

Optio_017 Optio_019 Optio_004                 

園内には大きな人工湖があり、スワンボートやカヌーに乗ることも出来ます。

Optio_001 Optio_003 U60_005                  

対岸には小豆島も望めます。

Optio_006 Optio_007 Optio_016

大きな遊具やストーンヘンジ(イギリスにある環状列石)のレプリカもあります。

Optio_008 Optio_009 Optio_015             

噴水のそばにはパンジーの花壇もありました。

Optio_011 Optio_020 Optio_025

入場料は無料です、休日はにぎやかでしょうね。

Optio_022 Optio_023 Optio_026              

平日の公園も楽しめました。

Optio_040 Optio_042 Optio_041               

五味の市です、去年はカキ祭りの最中に行ったので車を止めている場所に、テントが設営され、牡蠣を焼く席がたくさん作られていました。カキはここで購入します。

今回は父、叔母と3名で1500円分を大きなビニール袋に入れてもらいました。重さは3kgから4kgぐらいあったと思います。

Optio_032 Optio_034 Optio_035               

席料は1時間30分で一テーブル1000円です。慣れないので焼き上がりの判断が難しいところです。殻に隙間があいた頃に皿に移し、貸し出してくれる軍手(一組)やメス(殻むき用のへら)でこじあけます。

Optio_036 Optio_037 Optio_047             

バーベキュー用の竹製トングもセットされていますが、ステンレスの短めのものが使いやすいと思います。殻を開けるのにはメスよりも、先端の幅が10mmぐらいのマイナスドライバーがあれば便利です。醤油、塩、割り箸などは備え付けがあります。

軍手や紙エプロンは、一人ずつ持参する方がよさそうです。レモン、バターも持って行きました。

Optio_043 Optio_044 Optio_046            

去年は店内、バーベキューテントも満員でソフトも買うことを諦めました。夏でもソフトは売れそうですね。         

Optio_049

帰りの温泉は播但道、市川南インターから東へ15分ほどの「かさがた温泉 せせらぎの湯」です、曜日によって入れるお風呂が変わるので注意が必要です。

    牡蠣はじけ 笑顔もはじけ 時が過ぎ

           

« 雨のセツブンソウ | トップページ | 藤原岳の福寿草2010 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

赤穂、日生、市川とご苦労様でした。
日生の牡蠣、楽しめたようですね。
牡蠣好きには、たまらない設定ですよね。
私も年に1回は行っています。

もう季節は春ですが、残念なことはもうすぐ日生の牡蠣が食べられなくなることです~。

ちゅた 様
こんばんは、ありがとうございます。牡蠣を焼くコツを分かる前に時間が来てしまいました。来年は御一緒させてください。
「牡蠣終わりなば、桜遠からじ」ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨のセツブンソウ | トップページ | 藤原岳の福寿草2010 »

2019年9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ