« 日だまりの雲山峰 | トップページ | 守山温泉ほたるの湯 »

2010年2月 1日 (月)

霧の金剛山

霧の金剛山
1月31日
金剛山に来ました、朝から曇り空で山頂まで一面の霧です、期待していた樹氷も溶けてしまい、雨が強くなる前に下山してしまいました。                

Optio_004 Optio_006 Optio_007                

いつもは五条林道から千早峠-高谷山-中葛城山-伏見峠-山頂広場のコースを歩いていますが、今回は夕方に貝塚へ行く予定があるので、千早本道-山頂-伏見峠-伏見林道のルートです。

Optio_008 Optio_009 Optio_010              

金剛登山口バス停の駐車場脇から、千早本道が始まります。急な石段を登ると千早城跡に出ます。                

Optio_011 Optio_013 Optio_014               

奥には千早神社があります、南北朝時代に後醍醐天皇につき北条軍と戦った楠木正成が祀られています。             

Optio_017 Optio_018_2 Optio_019     

西側の登山道と合流して千早本道に入ります、ここから山頂まで階段の連続です。   

Optio_020_2 Optio_021_2 Optio_022_2                  

山頂が近くなります、この時期でしたら雪があるはずですがアイゼンは荷物になりました。

Optio_025 Optio_023 Optio_024               

下山後のバスを利用する登山客のためにバスの時刻表が立てられています。    

Optio_026 Optio_030 Optio_028                    

晴れていれば富田林のPL教団の塔も見ることが出来ます。           

Optio_032 Optio_033 Optio_034            

葛城神社下を通りちはや園地に行きます、神社の裏に最高地点(1125m)がありますが、神社のご神体で立ち入りは禁止されています。             

Optio_035 Optio_036 Optio_037             

ちはや園地です、ロープウエイがあるので天気が良ければ家族連れの客で賑わう場所ですが、今日はさすがにすいています。

Optio_039 Optio_040 Optio_042             

お昼はコンビニのおにぎりですが、ワンバーナークッキングの新メニューを作ってみました。ウインナー、かしわ、ブロッコリーのホイル焼きです。

ウインナーには切れ目を入れ、塩コショウ、ドライにんにく、バターを適量載せ、アルミホイルで二重に包み、バーナーで焼きます。ときどき餅を焼く要領でひっくり返し、焦げを防ぎます。

中から湯気が噴き出せば、出来上がりです。        

Optio_043 Optio_044 Optio_045                 

屋根はありますが風は吹き込むので寒い休憩所です。簡単な料理ですが暖かくて美味しく頂きました。

雨が強いときはロープウエイ下山も考えていましたが、まだ歩けそうなので伏見林道で下りました、車が通れる幅の簡易舗装された道です。           

Optio_046 Optio_047 Optio_048_2              

すぐ横には沢があり小さな滝がいくつもあります。       

Optio_050 Optio_052 Optio_051                  

こちらの道は降りる人もなく誰にも出会うことはありませんでした。ほとんどの人はバス停に直結する千早本道を下るようです。             

Optio_053 Optio_055 Optio_054                

林道終点です、ここからしばらく車道を歩き駐車場に戻ります。         

Optio_056 Optio_059 Optio_058                

樹氷はありませんが木の枝には雨粒がぶら下がっています。風や手ぶれで、静止させて撮るのは困難でした。              

Optio_063 Optio_064 Optio_065                 

雨が本降りにならないうちに下山が終わりました。

コースタイム            

 登山口駐車場(8:30)-千早城跡(8:40)-本道合流点(8:55)-山頂広場(9:55)-

 葛城神社(10:10)-ちはや園地(10:30)

 ちはや園地(12:10)-伏見林道終点(12:45)-登山口駐車場(13:15)

      樹氷消え 雫になりて 春を呼ぶ

    

     

       

 

« 日だまりの雲山峰 | トップページ | 守山温泉ほたるの湯 »

大阪府の山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

日曜日というのに、あいにくの天気となってしまいましたね。。。いそしずは、ちょっと関西から離れておりましたが、やはり午後からは本降りの雨でしたし、帰り道は濃霧でびっくりでした。

樹氷が見られなかったのは大変残念ですが、霧の山頂も幻想的な雰囲気ですね。寒さが厳しい時には六甲山でも樹氷を見ることができますので、チャンスがあれば見てみたいなあと思います。

今年はなかなか天候に恵まれない行程が多いようで大変ですが、次回は晴天に恵まれることを期待しております。

いそしず 様
ありがとうございます、去年の今頃は冬の縦走路を歩いていました。七曲の滝も何度か行っています。冬の静かな六甲も良いものでした。

ころぼっくるさん、こんばんは。
記事が更新されるのをお待ちしてました。

樹氷はちょっと残念でしたが、
それでもこちらの金剛山は歴史がありそうですし、
とても見どころの多そうな山ですね。

ころぼっくるさんの山のお昼はいつ拝見しても美味しそう。
ぜひ、お相伴に預からせていただきたいものです~♪

こんにちは。

天候が今ひとつでしたが、金剛山はころぼっくるさんの地元ですよね。庭みたいなものなのかな?

昨年伺いましたが、樹氷は山頂のみでした。
でもとてもきれいで大阪南部にもこんな山があるのかと驚きました。
年々樹氷が少なくなっているのでしょうか?
でも踏みしめられた雪をアイゼンでさくさく歩くのはとても気持ち良かったです。

Newman 様
短時間で登れて余裕があるときは食事がメインになります。簡単で美味しいものを作るのも楽しいですね。

ちゅた 様
たぶん小学校の耐寒登山で登ったのが初めてだと思います。最近は指導できる先生も少なくなり実施される学校も減っているようです。

神戸の山のように頻繁に登山されている方も多いようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日だまりの雲山峰 | トップページ | 守山温泉ほたるの湯 »

2020年9月

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ