« 鏡池 2010 | トップページ | 日だまりの雲山峰 »

2010年1月11日 (月)

吹雪の武奈ヶ岳

吹雪の武奈ヶ岳
1月10日
滋賀県の武奈ヶ岳に来ました。正月の北横岳と同じく、吹雪で展望はありません、坊村からの往復ですが途中までアイゼンの装着が必要です。      

   Optio_003Optio_002Optio_004                                                               

                               

                                 

名神京都東インターを降り、湖西道路の真野インターから国道477、367を北上すると葛川、坊村に出ます。大きな駐車場には8時前に着きました。橋を渡り明王院の前から登山道が始まります。

   Optio_005Optio_006Optio_007                              

                  

                      

最初は泥道の急登が続きますが1時間も歩けば、雪の斜面になりま す。雪が締まっていて傾斜がきついのでしばらくはアイゼン歩行です。              

Optio_010Optio_011Optio_012                                                       

                         

                         

次第に雪が深くなっていきます。           

   Optio_013Optio_014Optio_015                                 

                 

                        

雪が風に乗って林の中を駆け抜けていきます。                                             

Optio_016Optio_017Optio_018               

                 

               

広くなったところでスノーシューに履き替えます。             

   Optio_020_2Optio_021_2Optio_022_2                                  

                 

                 

白い回廊を西南稜に進んでいきます。            

    Optio_023Optio_024Optio_025                                

                     

               

今回は高校生の甥と2人です。               

   Optio_027Optio_029Optio_030                            

                 

                       

樹林帯を抜けると西南稜の端に出ますが、吹雪で展望は無しです。        

   Optio_031Optio_032Optio_033                                 

                    

                        

稜線を歩きますが、目に入るのは白い斜面と灰色の空だけです。         

  Optio_034Optio_035Optio_036_2                                  

                

                  

北横とほぼ同じような風景です。               

   Optio_037_2Optio_040_2Optio_039_2                                 

                    

                       

12:20 約3時間半ほどで山頂(1214m)に到着しました、登山客はたくさんいらっしゃいます。                           

   Optio_043_2Optio_044_2Optio_045_2                                 

                   

                    

駐車場で湯を沸かし、暖かいコーヒーをテルモスに入れて登り、パンとコーヒーで軽い食事をして1時ごろ下山を始めました。            

                       Optio_046Optio_047Optio_048                

                  

                    

午後も天気の回復は望めません。               

   Optio_049Optio_050Optio_051                                

                         

                     

下りは急斜面を滑り台のように使える(尻セード)こともあり、たのしく歩けます。   

Ist_003 Ist_004 Ist_005                               

                 

                 

デジタル1眼を持参していましたが、下りの御殿山で少しだけ撮った樹氷の写真です。

   Ist_007_3Optio_054_4Optio_057_2                                 

                

                   

登山口に近づき雪も減っていきます。              

   Optio_055Optio_056_2Optio_061                                  

               

                   

地面や木の小枝には雪が凍りついて残っています。         

    Optio_062Optio_060             Optio_058                  

                  

                    

登山口の橋まで降りて来ました。                        

                 Optio_063_2Optio_064_2Optio_066_2                    

                   

                  

3:40 駐車場に着きました、下山は2時間40分かかりました。

以前のこのコースのリンクです。

     2006年11月 2007年1月  2008年1月       

  青空を 求めて次の 山探し

« 鏡池 2010 | トップページ | 日だまりの雲山峰 »

湖北の山」カテゴリの記事

コメント

雪山登山おつかれさまです。

吹雪とのことですが、滋賀の方では結構降っているのでしょうか?
いまのところ関東では雪らしい雪というものをまったく見ていませんので...。
まだまだ冬山シーズンは続きますが、
どうぞお気をつけて。

こんばんは。

再び冬山登山ですか~寒そうです。武奈ヶ岳には登ったことがないのですが、関西では貴重な300名山の1つですし、1度登ってみたいと思っています。琵琶湖側から登るのが無難なのでしょうか。

それにしても、この3連休は好天のイメージがありましたので、吹雪とは驚きました。滋賀県北部の天候は違うものですね。

晴れた雪山だったら、本当に美しいんでしょうね。。。

Newman 様
こんばんは、滋賀県は福井県に接していて日本海寒気団の勢力下にあります。
武奈ヶ岳は大阪から比較的手軽に登れる山です、マキノ浜でテント泊でしたら二日目に琵琶湖でカヌーも可能です。

いそしず 様
ありがとうございます、武奈ヶ岳は数年前まで、リフトとロープウエイで琵琶湖側から登れましたが、スキー客の減少のため廃止になり、こちらからは正面谷からの徒歩でしか行けません。

登られるのでしたら、秋の紅葉がお勧めです。11月の上旬の西南稜は近畿圏の山岳では絶景に入ると思います。特に難所はないので坊村から歩けば楽しめると思います。

坊村からですか。車道には雪が無いようですね。

武奈ヶ岳も遠くなった分、静かな山になりましたね。
厳冬期には行ったことがありませんが、晴れていれば展望は最高でしょう。
でもたっぷり雪とたわむれることができて楽しかったのでは?
鯖街道の鯖寿司を食べたくなりました~。

ちゅた 様
こんばんは、晴天の山にはまだ縁がないようです。場所の選択がわるいようですね、近場の里山で新しいメニューのランチでも試みてみます。

しかし鯖街道の寿司は高価ですが絶妙の味と食感があります、御土産に2本も買ってしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鏡池 2010 | トップページ | 日だまりの雲山峰 »

2020年3月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ