« 明日は全山縦走本番 | トップページ | 六甲全山縦走・挑戦の記 2009 »

2009年11月25日 (水)

六甲全山縦走大会2009.11.23

六甲全山縦走大会2009.11.23
11月23日
今日は全山縦走の本番です、前日の雨にも関わらず天気は回復して、少し寒い爽やかな休日の朝を迎えました。
今回のコースタイムはトレーニングの実績を上回る12時間45分でした。朝5時5分スタートで、宝塚17時50分のゴールです、大会では少しショートカットもありましたが、早い時間に並んで受付を通れたので、渋滞もなく自分のペースを守れたのが良かったと思います。

   U60_001U60_002U60_003                               

                  

                

前日の22日は、ゴール終了後に履き替えの靴、着替えなどを入れたバッグを宝塚の駅内ロッカーに預けるため、夕方4時ごろ駅に着きました。雨のため外に出るのも止めました、明日の天気が気がかりです。そのまま新開地のカプセルホテルにチェックインして、9時ごろには寝てしまいました。

23日、まだ深夜の2時半ごろ起きだして軽く朝風呂(?)を浴び、さっさと支度をして近くのうどん屋で食事を済まし、タクシーに飛び乗りました。須磨公園には4時前に着きましたが、既に多くの参加者が集まっていました。 寒い中1時間少し待つと5時のスタート受付が始まります。  

   U60_004_2U60_005_2U60_006_2                                  

                  

                

須磨公園(5:05)-旗振山(5:28)-高倉台(5:52)-400階段(5:58)  

旗振山では茶屋の人が出迎えてくれます、夜明け前の山道、街並みを異様(?)な集団が静かに駆け抜けます。400階段でも渋滞はなく、皆さん元気に歩かれていました。  

   U60_007U60_008U60_009                                 

                    

                   

栂尾山(6:08)-横尾山(6:20)-須磨アルプス(6:27)

長い階段を一気に駆け上がり、急な山道を登ると栂尾山です、さらにアップダウンが続き尾山に繋がり、朝焼けが始まる神戸の街を見下ろしながら須磨アルプスにたどり着きます。

   U60_010U60_011U60_012                                 

                

                    

須磨アルプス--東山(6:35)

だんだん夜が明け始めました、アルプスでの渋滞も無しです、爽やかな秋空になりそうです、東山からは次に登る高取山が見えます。            

   U60_013U60_014U60_015                                 

                

               

阪神高速山手線(6:54)-妙法寺交差点(6:59)-高取神社手前(7:27)     

東山から横尾の街に下り、妙法寺交差点を渡ります。快適なペースで進みます。登山道にも鮮やかな光が差し込みます。             

U60_016_2 U60_017_2 U60_018_2                                  

                

                   

高取山(7:33)-安井茶屋(7:40)-丸山町小羊幼稚園(7:59)       

高取山を下ると月見茶屋があります、この日は茶屋で小学生がバナナを売っていました。6名ほどのソプラノ、ボーイソプラノのユニゾンで「元気が出るバナナ、一本50円です!!」とハイテンションで叫ばれました。茶屋のおばさんは大笑いです。

思わず(おっちゃんはまだだいじょうぶや、その声だけで十分元気になれるで)と心の中でつっこんでいました。安井茶屋のトイレで初めて少し休憩をとり丸山町に向かいます。  

U60_019_2 U60_020_2 U60_021_2                                 

              

                 

鵯越駅(8:15)-島原ポンプ場への道(8:22)--付近の紅葉 

丸山町から急なアスファルトの坂道がある住宅街を通り、鵯越駅に着きます。しばらく広い道に沿って紅葉も見られました。            

   U60_022U60_023U60_024                                 

              

                 

菊水山登山口(8:48)-頂上CP(9:13)--御疲れ様

急な登山道にも最近は慣れてきました、辛いことは辛い、苦しいことは苦しいと素直に認めると少しは楽になれるような気がしてきました。12回のレッスンの収穫の一つです。

チェックポイントで認証印を押してもらい、10分程度の休憩で鍋蓋山にコースをとります。

   U60_025U60_026U60_027                               

             

           

天王吊橋(9:43)-鍋蓋山(10:10)--下界の展望

登った分だけ下り、吊橋を渡り次の山に取り掛かります。縦走はほとんどこの繰り返しです。吊橋を頂上を結ぶように掛けてくれれば、手間が省けると思いませんか?

   U60_028U60_029U60_030                               

              

                   

鍋蓋山--大龍寺(10:35)--市ヶ原への道

写真を少し撮っただけで休むこともなく大龍寺に下ります、この下りは比較的広くて楽な道です。                          

   U60_032U60_033U60_034                                   

                

                  

大龍寺--市ヶ原(10:46)--摩耶山NHK放送所(12:08)

市ヶ原も休憩の必要を感じなかったので通過しました。ほぼ前半の終わりです、所要時間は約5時間40分、以前は6時間はかかっていたので、かなりペースは早目です。(ショートカットのお陰と思います)。摩耶山への登りもストレスなく自分のペースが守れました、入り口の電波塔が見えるとほっとします。           

   U60_035U60_036U60_037                                  

            

                 

摩耶山CP (12:16) -- 休憩15分

第2チェックポイントは摩耶山、掬星台です。ホットレモンのサービスがあります、紙コップに入れられた暖かいホットレモンが前半の疲れを癒してくれます。私の後ろに並んでいた中年のおばさんがつぶやきました。「あとでペットボトルにいれてもらお!」。

大胆な発言でした、(そんなことをしたら、参加証は没収やで)と思ってしまいました。関西のおばちゃんは怖いものなしです。          

   U60_039_3U60_040_2U60_041_2                            

                   

                    

摩耶山(12:30)-丁字ヶ辻(13:32)--路上の猫     

軽い食事(小さなクリームパン2個)を食べ12時30分、ガーデンテラスに向けてリスタートしました。三国池からはトレーニングのコースは山側の道で歩いていましたが、今回はドライブウエイを歩いていました。丁字ヶ辻を越え記念碑台を過ぎ、ゴルフ場手前の道路に珍しく猫が寝ていました。「御疲れ様」と言っているようです。          

   U60_042_2U60_043_3U60_044_2                                

                     

                     

ガーデンテラス(14:15)-極楽茶屋跡(14:27)-一軒茶屋(14:58)  

ガーデンテラスからは全トレで歩いた山道コースではなく、車道を歩いていました。休日で車の通行も多く、少し危険な道です。一軒茶屋で15分ほどの休憩をとり、コースタイム、日の入りの時間の確認、ヘッドランのチェックなどしました。            

  U60_045_4          U60_046_4                             U60_047_5  

                 

             

一軒茶屋(15:11)-東六甲分岐CP(15:21)-分岐下降点(15:25)             

鉢巻山トンネルを抜けると最終チェックポイントがあります、参加証のバーコードがパソコンのスキャナーで確認され、下降点から宝塚への下山が始まります。   

   U60_048U60_049U60_050                                 

                

                    

大平山(16:20)--大谷乗越への石段

急な登下降が連続する山道を大平山まで来ました、日の入りが16:50に迫っているのでランプを装着し、以前にコースアウトした石段を降ります。本番の日なので大きな矢印標識がありました。

   U60_051U60_052U60_053                                 

                 

                 

塩尾寺(17:24)-ゴール案内-ゴールへの階段               

薄暗くなったと思えば、容赦なく暗闇が下山道を埋め尽くします。ランプがほのかに照らす急坂を慎重に下るので、長いランプの列が移動していきます。

塩尾寺にいつの間にか辿り着き、宝塚の街灯りを懐かしく眺めながら住宅街の急斜面を下ります。最後の曲がり角には大きな案内板が長い旅路の終楽章を飾ります。

   U60_054_2 U60_055U60_057                                

                    

                  

最後の登り-ゴール(17:50)-宝塚駅(18:15)         

長い一日の縦走を終え終着駅に無事ゴールできました。初参加で完走出来て喜びが少しずつ広がって行くような気分でした。記念品、認定証を受け取り駅のロッカーに預けた靴に履き替え、シャツも着替えてやっと落ち着きました。登山靴のまま帰るのは辛いものです。

今回のコースタイム、縦走の装備品、全トレ資料については別記事で記載させて頂きます、ありがとうございました。

  秋の日の 六甲巡る 2000人

                

« 明日は全山縦走本番 | トップページ | 六甲全山縦走・挑戦の記 2009 »

六甲全山縦走」カテゴリの記事

コメント

完走おめでとうございます

心配していた天気も文句なしでたし、何より自己ベストのコースタイムは、1年間のトレーニングの成果ですね。
それにしても、帰宅後にブログ作成は凄いです~。

1年間のプロジェクトが見事に大成功のもとに完結しましたね。
とにかくご苦労様でした~。

ちゅた 様
ありがとうございます、申込書の手配までして頂いてなんとか御礼がわりに出来たかと思っております。これからもよろしくお願いします。
この記事は帰りの阪急電車で携帯から投稿したものです、また明日中にでも追加致します。

完走、おめでとうございます!

日曜日の晩まで降っていた雨は上がって、最高の天気となり、本当に良かったですね。しかし、足元が湿っているので、皆さん大丈夫だったのかな、と心配しておりました。
13時間10分、本当にお疲れ様でした。

いそしず 様
ありがとうございます、初参加で完走出来て感動の一日でした。天候やスタッフの方々、ちゅたさんのアドバイスに助けられたお陰だと思っております。
いそしずさんも計画的なトレーニングを試みることが出来れば、完走は問題なく出来ると思います、挑戦されることをお勧めします。

完走おめでとうございます!!
おつかれさまでした!!

関西地方は朝から晴れていたようですね。
抜群のコンディションの中の六甲縦走、
本当に良かったですね!

追加の写真も楽しみにしてます~。

全山縦走おめでとうございます。
目標をもってそれを達成できるのがすばらしいと思います。いつも行動力には感服します。
無理せずにマイペースでがんばって下さい。

J003 様
ありがとうございます、第九は26回の参加を続けて来ました。全縦もそのあとを追いそうです。よろしくお願いします。

Newman 様
ありがとうございます、いつの日にか全縦を試みられることを期待しております。御案内はさせていただきます!

ころぼっくるさん、こんばんは。

追加の写真とレポート、あらためて拝見いたしました。
険しい山中だったり、街中だったり、寺院の境内だったりと、本当にいろいろなところを通るのですね。途中鮮やかな紅葉も見られたようですし、なにより景色も変化が多くて楽しめそうです。

今日の昼休み本屋に立ち寄り、六甲縦走のルートを地図で確認してみました。結構な長丁場なんですね~。このルートを何回かに分けて歩いてみるのもまた良いかもしれません。それであればなんとか私にも歩けそうです(笑)

Newman 様
新幹線で新神戸までいらっしゃれば、縦走路は目前です、是非おいで下さい。日帰りも可能です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は全山縦走本番 | トップページ | 六甲全山縦走・挑戦の記 2009 »

2019年8月

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ