« 伊吹山のニッコウキスゲ | トップページ | 黒部ダム »

2009年7月12日 (日)

剱岳 点の記

剣岳点の記
7月12日
剱岳点の記」を観て来ました。剱岳の登頂を命じられた、陸軍の測量隊と地元の山岳案内人、当時の日本山岳会の物語です。

明治40年頃の登山装備や測量機材を携行してのかなり過酷な映像でした。

印象に残ったのは、「人がどう評価しようとも、何をしたかではなく、何のためにそれをしたかが大切です。悔いなくやり遂げることが大切だと思います。」という、測量隊に届いた前任者からの手紙の言葉でした。
奥の深い一言だと思いました。

写真は2年前の9月に行った、室堂からの立山の展望です、映画では主に雪山の映像が多く、クラシックの音楽が良く雰囲気を表現していました。

« 伊吹山のニッコウキスゲ | トップページ | 黒部ダム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊吹山のニッコウキスゲ | トップページ | 黒部ダム »

2020年9月

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ