« 須磨アルプス | トップページ | 伊根湾のカモメ »

2008年12月 7日 (日)

一万人の第九 2008

一万人の第九 2008
12月7日

今年もコンサート本番を迎えました。25回目の参加です、来年は登山を始めて10年になります、光陰矢の如しですね。      

参加証の変遷です。

Optio_006 83年から90年まで : サントリーオールド 1万人の「第九」コンサート

                               

                          

Optio_007 91年から02年まで : SUNTORY  1万人の「第九」コンサート  サントリーオールド から SUNTORY になります  

                                         

Optio_004 03年から07年まで : サントリー 1万人の「第九」 漢字が変更されています(変換できないようです)。 「コンサート」の文字も消えています。    

                    

Optio_005 08年から : サントリー 10000人の第9  漢字から数字の10000と9になっています。                                 

         

       

Ist_048 去年の25回で発売された記念バッジです。 指揮者は83年から98年まで山本直純、 99年から現在の佐渡裕に変わっています。         

そのほかの詳細についてはこちらを御覧ください。

   

            

« 須磨アルプス | トップページ | 伊根湾のカモメ »

一万人の第九」カテゴリの記事

コメント

25回目の参加というのはすごいですね。
ほとんど毎回参加ですか?
ウィーン・フィルというメジャーな楽団も来るのですね。驚きました。

クラシックはよくわかりませんが、ベートーベンは合唱や演奏していると自身がすごく盛り上がるのではないでしょうか?
たぶんですが、歌い終わったときにはすごい満足感があるような気がします。(わかってないです…)
それでも一度歌ってみたいです。

ちゅた 様

コンサートは1983年12月4日に第1回がスタートしました。私は1回目のテレビ放送を見て参加を決めました。

運よく2回目から連続25回の参加をさせて頂いてます。小学校4年で出会った「歓喜の歌」に感動を覚え、記憶に残っていたので自分でも本物のコンサートに興味を持っていたからです。

ドイツ語の歌詞を暗譜し、自分のパート(バス)を完璧に歌えるようになるには、やはり努力が必要でした。

一年目の12回レッスンでなんとか覚え、大阪城ホールの本番に参加出来ました。当時の感想は今も変わりませんが、満足感ではなく、ホール全体を包む拍手、楽しかったレッスンの思い出、無事に歌いきれた自分、その大きな今までに出会ったことのないような感動です。

こんな感動を体験出来るイベントは他に無いと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 須磨アルプス | トップページ | 伊根湾のカモメ »

2020年7月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

メモ

  • 写真とリンク
    小さな写真はクリックすると拡大します、文中の緑色の文字をクリックすると次の記事にリンクしています。

クロックリンク

フォト
無料ブログはココログ